申し込み率を上げる「EFO」とは?

| アナリティクス

EFOとは?

EFOとは(Entry Form Optimization)の略称で「エントリーフォーム最適化」という意味です。
多くのサイトでは、問い合わせや商品購入などを行う際に入力フォームに個人情報や必要事項を入力します。しかし、訪問者の中には項目数が多かったりエラーが頻発してしまうと、ストレスを感じ完了前に放棄し、サイトを離れてしまう事があります。
その際に、なるべく入力の手間を減らし、より短時間で正確に入力完了できるようにユーザーに合わせてEFO(入力フォーム最適化)を行う事で、なるべくサイトからの離脱を防ぎ、成約率を向上させる意図があります。

面倒だと思わせないポイント

EFOを行う際にどの様な事を行い面倒だと思わせないかポイントは主に4つです。
①入力項目数を少なくする
入力項目は少なければ少ない程良いとされています。
入力必須項目や個人情報に関する項目は、可能な限り減らしましょう。
本当に必要なのかいま一度検証してみましょう。
②ユーザーが入力する際にストレスがない
WEB上ではユーザーはストレスを感じてしまうと途中で投げ出してしまうものです。
一例ですが下記の点を意識してみましょう。
・「半角」「全角」「かな」「カナ」等の文字入力を強制しない。
・郵便番号を入力したら住所も自動入力できるようにする。
・メールアドレスを「@」で区切らない。
・ラベルとフォーム要素が関連付けされていて選択しやすい。
・入力作業全体のなかで、どの段階で、どれぐらいで終わるのかイメージ出来る。
・項目の並び順がユーザーのイメージするものとあっている。
・入力エラーは送信後に出るのでは無く、その都度出るようにする。
③各項目にどのような内容を入力すべきかわかる
入力例などが具体的に示されて、わかりやすい位置関係にあり、スムーズに入力出来るフォームが良いとされています。
④ユーザーを逃がさない
ユーザーはフォームと関係無い他のページへのリンクに気を取られ、クリックしてそのまま
戻らない場合もあります。
フォームに関係のないリンクは、なるべく置かないようにしましょう。
エラー処理によって入力ページに何度も戻され、再入力を何度も繰り返すと、サイトに訪問した購入者や申込者のモチベーションが下がってしまいます。せっかくサイトに訪問してもらい、申し込みや購入の意識があってもフォームによるストレスで完了しないままサイトを離れてしまう可能性が高くなってします。
上記のポイントを入れることにより、機会の損失をなるべく防ぐことができます。
本質としては「入力するメリットをしっかりと明記し、理解してもらうこと」により煩わしくても入力してもらえます。また、「フォーム入力の前にユーザーの不安を解消する」必要があります。この際にはユーザー信頼してもらうような記述やリンクは必要になります。

その他の情報

EFOのサービスの中には、ログ解析を行うことにより「入力フォームのどの部分が問題があるのか」「フォームのどういった場面でサイトから離れるのか」など問題点を把握する事が出来るようです。
この様なサービスを使い、離脱してしまう場面をしっかりと改善し訪問者が入力しやすいようにしていく事も必要だと思います。
基本的に、EFO対策を導入したフォームを使えば、お問い合わせや申し込みが必ず上がると言われるほど効果が得られるようです。入力フォームを見直しただけで効果が表れるのであれば一度試してみてはいかがでしょうか。