F5とCtrl+F5(見てる画面が違う・・にならない為に)

2014年6月2日

blog keybord
ホームページで新しいページを作ったりページ内の修正をしたときは必ず更新が反映されているか確認すると思います。自分で更新して自分で確認する分には問題ないのですが、ホームページの運営者に更新を依頼しその内容を別の画面で確認する際には注意することが一つあります。

更新内容の確認。その注意点

それは今見ている画面が常に最新のものとは限らないということです。相手の画面では更新が反映されていても自分の画面では反映されていないということがあります。何故こんなことが起こるかというとブラウザの性質としてキャッシュというものを読み込んでいる可能性があります。

キャッシュと再読込

キャッシュとはイメージ的には過去の情報のコピーです。インターネットでホームページ等のサイトを見るためにインターネットエクスプローラー(IE)やグーグルクローム(Chrome)といったブラウザを使いますがその際により早く画面を表示させる為に以前見たことのあるページの情報をパソコン内で一時的に保管し表示させる仕組みがキャッシュです。なので最新の情報を確認するにはページを再読込して新しい情報を表示させる必要があります。再読込の仕方としてキーボードのF5キーを押すか、ブラウザのアドレスを表示させている所の隣にある再読込ボタンを押す必要があります。

それでも更新が反映されない場合はCtrl+F5

しかし、F5キーを押したり、ページの再読込ボタンを押しても表示が変わらないことがあります。その際にはCtrlキーを押した上でF5キーを押してみましょう。そうすると最新情報が表示されるかと思います。F5だけでなく、Ctrlキーと一緒に押すことでキャッシュが強制的にクリアされます。

シークレットモードでの確認も有効

Google Chromeのシークレットモード

Ctrl+Sift+Nもしくは右上の3本メニューからシークレットウィンドウを開く
blog kensakusecretgc

Internet ExplorerのInPrivateブラウズ

Ctrl+Sift+Pもしくは右上の歯車アイコン>セーフティ>InPrivateブラウズ
blog kensakusecretie

Firefoxのプライベートブラウジング

Control+Shift+Pもしくは右上の3本メニューから新しいプライベートウィンドウを開く
blog kensakusecretff

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...