アナリティクスでA/Bテスト

2014年6月9日

A/Bテストとは

広告やWebサイトの運用を行う上でよくA/Bテストという言葉を使うことがあります。A/Bテストとは同じような似たコンテンツを2種類用意し、より効果、成果が高い方に集約していく方法です。全く異なるコンテンツでもよいですが、比較内容を大きく変えてしまうとどこにポイントがあったのか不透明になってしまうので広告のタイトル文だけ、ページのキャッチコピーだけ変更のようにまずは一部分づつ変更し、ある程度の期間を比較対象にすることをおすすめします。

A/Bテストの方法

A/Bテストは分かったけどもでは実際どうすればいいのか。以前は「Google Website Optimizer」というツールがあったのですが、2012年の8月に廃止になり、現在はGoogleアナリティクスを利用して行うことができます。

アナリティクスウェブテスト(A/Bテスト)の基本設定

abtest
アナリティクスサイドメニュー大項目の「行動」→「ウェブテスト」→テストを作成
abtest2
テスト名称を決定し評価指標を選択します。トラフィックの割合とは訪問者の何割をA/Bテストの対象とするかです。
abtest3
実際に比較したいページ(パターンページ)の登録をします。URLを入力するとプレビュー画面も出てきて確認することができます。「他のコンテンツ レポート向けのテストの統合」という項目がありますが、これにチェックを入れるとパターンページのトラフィックデータもオリジナルページのデータに統合することができます。(もちろん、オリジナルページ、パターンページ毎のデータも出すことが可能です。)
abtest4
テストコードを発行しオリジナル ページheadタグの直後に挿入します。ページ更新後A/Bテストを実行することができます。

Webならではの強みを活用しましょう

こういったA/BテストはWebならではともいえます。もちろん紙の広告やチラシでもパターンを変えることでA/Bテストは可能ですが、反応が分かるまで時間がかかったり成果も0か100かでの評価になるので細かい分析までは難しいです。設定自体は難しい作業ではないので是非活用してみましょう。

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...