アナリティクスでA/Bテスト

2014年6月9日

A/Bテストとは

広告やWebサイトの運用を行う上でよくA/Bテストという言葉を使うことがあります。A/Bテストとは同じような似たコンテンツを2種類用意し、より効果、成果が高い方に集約していく方法です。全く異なるコンテンツでもよいですが、比較内容を大きく変えてしまうとどこにポイントがあったのか不透明になってしまうので広告のタイトル文だけ、ページのキャッチコピーだけ変更のようにまずは一部分づつ変更し、ある程度の期間を比較対象にすることをおすすめします。

A/Bテストの方法

A/Bテストは分かったけどもでは実際どうすればいいのか。以前は「Google Website Optimizer」というツールがあったのですが、2012年の8月に廃止になり、現在はGoogleアナリティクスを利用して行うことができます。

アナリティクスウェブテスト(A/Bテスト)の基本設定

abtest
アナリティクスサイドメニュー大項目の「行動」→「ウェブテスト」→テストを作成
abtest2
テスト名称を決定し評価指標を選択します。トラフィックの割合とは訪問者の何割をA/Bテストの対象とするかです。
abtest3
実際に比較したいページ(パターンページ)の登録をします。URLを入力するとプレビュー画面も出てきて確認することができます。「他のコンテンツ レポート向けのテストの統合」という項目がありますが、これにチェックを入れるとパターンページのトラフィックデータもオリジナルページのデータに統合することができます。(もちろん、オリジナルページ、パターンページ毎のデータも出すことが可能です。)
abtest4
テストコードを発行しオリジナル ページheadタグの直後に挿入します。ページ更新後A/Bテストを実行することができます。

Webならではの強みを活用しましょう

こういったA/BテストはWebならではともいえます。もちろん紙の広告やチラシでもパターンを変えることでA/Bテストは可能ですが、反応が分かるまで時間がかかったり成果も0か100かでの評価になるので細かい分析までは難しいです。設定自体は難しい作業ではないので是非活用してみましょう。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。