アナリティクスでA/Bテスト

2014年6月9日

A/Bテストとは

広告やWebサイトの運用を行う上でよくA/Bテストという言葉を使うことがあります。A/Bテストとは同じような似たコンテンツを2種類用意し、より効果、成果が高い方に集約していく方法です。全く異なるコンテンツでもよいですが、比較内容を大きく変えてしまうとどこにポイントがあったのか不透明になってしまうので広告のタイトル文だけ、ページのキャッチコピーだけ変更のようにまずは一部分づつ変更し、ある程度の期間を比較対象にすることをおすすめします。

A/Bテストの方法

A/Bテストは分かったけどもでは実際どうすればいいのか。以前は「Google Website Optimizer」というツールがあったのですが、2012年の8月に廃止になり、現在はGoogleアナリティクスを利用して行うことができます。

アナリティクスウェブテスト(A/Bテスト)の基本設定

abtest
アナリティクスサイドメニュー大項目の「行動」→「ウェブテスト」→テストを作成
abtest2
テスト名称を決定し評価指標を選択します。トラフィックの割合とは訪問者の何割をA/Bテストの対象とするかです。
abtest3
実際に比較したいページ(パターンページ)の登録をします。URLを入力するとプレビュー画面も出てきて確認することができます。「他のコンテンツ レポート向けのテストの統合」という項目がありますが、これにチェックを入れるとパターンページのトラフィックデータもオリジナルページのデータに統合することができます。(もちろん、オリジナルページ、パターンページ毎のデータも出すことが可能です。)
abtest4
テストコードを発行しオリジナル ページheadタグの直後に挿入します。ページ更新後A/Bテストを実行することができます。

Webならではの強みを活用しましょう

こういったA/BテストはWebならではともいえます。もちろん紙の広告やチラシでもパターンを変えることでA/Bテストは可能ですが、反応が分かるまで時間がかかったり成果も0か100かでの評価になるので細かい分析までは難しいです。設定自体は難しい作業ではないので是非活用してみましょう。

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...