テーブルレイアウト

テーブルレイアウトという言葉を聞いたことあるでしょうか。ホームページを作ってみようと志した人はご存じかと思いますが、そうでない方にはダイニングテーブルの配置?と思ってしまうかもしれません。ホームページ制作の用語でtableというタグを利用してHTMLだけでは難しい段組みされたレイアウトを実現する方法です。テーブルレイアウトを利用することである程度自由度の高い配置設定が可能になります。

昔はホームページデザインの主流。現在は・・・

2007年頃以前はテーブルレイアウトで設計された企業ホームページが主流でした。以前はということは現在は別の方法が主流になっています。現在はHTMLとCSSで役割を分けてしまい、HTMLで見出し・段落・表・リストなどのテキストの役割分けを、CSSでデザインやレイアウトを調整するようになっています。

テーブルレイアウトとCSSレイアウトの違い

ではテーブルレイアウトとCSSレイアウトの違いは何でしょう。見た目に関してはほぼ同じに作ることができます。なので一見その違いには気づきにくいですが、以下のような所で大きな違いがでてきます。
SEOとの相性
SEOとの相性ですが、本来テーブルレイアウトは表形式のものを表示させる技術なのでそれでのレイアウトというものは意識されていません。きちんとした論理構造を作ることが検索エンジンの評価に繋がるので、論理構造化されたCSSでのレイアウトの方がSEOとの相性は良いと言えます。また機械で自動的にホームページを読み上げるような場合でもテーブルレイアウトでは意図的な順番で読み込むことができません。
更新性
ここはホームページの運用面では大きなウェイトを占める部分です。例えばホームページ内の文字の大きさを変更したい場合でもテーブルレイアウトではページ毎にサイズを指定しているため10ページあれば10ページ分変更が必要ですが、CSSの場合はテキストサイズの指定を1か所変えるだけで全てのページが変更されます。単純にいったらページ数分の一の労力ですみます。
ここまでくるとCSSレイアウトの方が良いことづくめのようですが、もちろんデメリットというか気を付けないといけないところもあり、CSSの場合は1か所修正すると共通で変更されるので少しの記述ミスでレイアウト崩れが発生し易くなります。また以前に比べると改善されていますがブラウザ毎でも表示に差異がでてきたりします。

テーブルレイアウトのメリット

ではテーブルレイアウトのメリットは何でしょうか。上述の更新性のデメリットと矛盾しますが、場合によってはテーブルレイアウトの方が良い場合があります。それはWP(ワードプレス)などのCMSを導入していて制作会社でなくクライアント側で自社で内容の更新をしたい場合。例えば、イベントや採用情報、行事予定等のページでカスタマイズされたデザインテンプレートを作るまでもない場合などはテーブルで組んでしまえばクライアント側でビジュアルエディターを使い内容の修正などが容易にできるようになります。
全体的なレイアウトデザインとしてはテーブルレイアウトでなくCSSデザインが主流ですが、場面に応じて適切にテーブルレイアウトを使うことで管理更新もしやすくなります。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

contactform7 確認画面や完了画面を表示する

contactform7は、完成形のフォームのプラグインであるため手間のかからない優れたものだと個人的には思っております。 ただ、確認画面や完了画面を表示するとなるとちょっとしたコツが必要です。 1 確認画面を表示する プラグイン(Contact Form 7 add confirm)を利用することにより、対応できる。 少し手間をかけて、フォームの上部にテキストを表示することも可能です。 <p class="wpcf7c-elm-step1"...