テーブルレイアウト

テーブルレイアウトという言葉を聞いたことあるでしょうか。ホームページを作ってみようと志した人はご存じかと思いますが、そうでない方にはダイニングテーブルの配置?と思ってしまうかもしれません。ホームページ制作の用語でtableというタグを利用してHTMLだけでは難しい段組みされたレイアウトを実現する方法です。テーブルレイアウトを利用することである程度自由度の高い配置設定が可能になります。

昔はホームページデザインの主流。現在は・・・

2007年頃以前はテーブルレイアウトで設計された企業ホームページが主流でした。以前はということは現在は別の方法が主流になっています。現在はHTMLとCSSで役割を分けてしまい、HTMLで見出し・段落・表・リストなどのテキストの役割分けを、CSSでデザインやレイアウトを調整するようになっています。

テーブルレイアウトとCSSレイアウトの違い

ではテーブルレイアウトとCSSレイアウトの違いは何でしょう。見た目に関してはほぼ同じに作ることができます。なので一見その違いには気づきにくいですが、以下のような所で大きな違いがでてきます。
SEOとの相性
SEOとの相性ですが、本来テーブルレイアウトは表形式のものを表示させる技術なのでそれでのレイアウトというものは意識されていません。きちんとした論理構造を作ることが検索エンジンの評価に繋がるので、論理構造化されたCSSでのレイアウトの方がSEOとの相性は良いと言えます。また機械で自動的にホームページを読み上げるような場合でもテーブルレイアウトでは意図的な順番で読み込むことができません。
更新性
ここはホームページの運用面では大きなウェイトを占める部分です。例えばホームページ内の文字の大きさを変更したい場合でもテーブルレイアウトではページ毎にサイズを指定しているため10ページあれば10ページ分変更が必要ですが、CSSの場合はテキストサイズの指定を1か所変えるだけで全てのページが変更されます。単純にいったらページ数分の一の労力ですみます。
ここまでくるとCSSレイアウトの方が良いことづくめのようですが、もちろんデメリットというか気を付けないといけないところもあり、CSSの場合は1か所修正すると共通で変更されるので少しの記述ミスでレイアウト崩れが発生し易くなります。また以前に比べると改善されていますがブラウザ毎でも表示に差異がでてきたりします。

テーブルレイアウトのメリット

ではテーブルレイアウトのメリットは何でしょうか。上述の更新性のデメリットと矛盾しますが、場合によってはテーブルレイアウトの方が良い場合があります。それはWP(ワードプレス)などのCMSを導入していて制作会社でなくクライアント側で自社で内容の更新をしたい場合。例えば、イベントや採用情報、行事予定等のページでカスタマイズされたデザインテンプレートを作るまでもない場合などはテーブルで組んでしまえばクライアント側でビジュアルエディターを使い内容の修正などが容易にできるようになります。
全体的なレイアウトデザインとしてはテーブルレイアウトでなくCSSデザインが主流ですが、場面に応じて適切にテーブルレイアウトを使うことで管理更新もしやすくなります。

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...