Googleの「ハミングバード」について

2014年5月19日

hummingbird

検索アルゴリズム

検索アルゴリズムとは検索結果の並び順を決める上での決定法則です。
このアルゴリズムですが、検索結果を上位にするために法則を解明をしようとしても解明することが出来ません。
なぜなら、このアルゴリズムは確実に決まっているというものでは無いからです。また、アルゴリズムは一つだけでなく多くの種類から成り立っています。この多くの検索アルゴリズムは絶えず変化している為、24時間後には別物になってしまうのです。
Googleの最近の大規模なアルゴリズム変更で有名なのが「ペンギンアップデート」、「パンダアップデート」、「ハミングバード」があります。今回は一番最新の対規模な変更である「ハミングバード」に触れていきたいとおもいます。

ハミングバードの特徴

ハミングバードの最も代表的な特徴として「Conversational Search」(会話型検索)の処理能力の向上です。この様な変更の背景としてモバイル端末からの音声入力による検索結果の向上があげられます。
たとえば「ラーメンが食べられる家から一番近い場所はどこ?」と検索したとします。
この場合、「場所」は文字通りの”場所”を意味するのではなく実際のラーメンが食べれる店舗のことを指します。また「一番近い」や「家」は人それぞれ違い同じ意味を持つわけではありません。東京に住んでる人と大阪に住んでいる人とでは同じ単語でも表す意味が異なってきます。検索エンジンでは文字通りに捉えるため、求めている結果と違った検索結果が出てきてしまいます。
しかし、この場合ハミングバードでは、意味を理解し自分の家から近いラーメン屋を検索結果として表示する事ができます。
この様な「言葉の背後にある意味」を理解できるのがハミングバードの特徴です。

ハミングバード対策は必要?

SEO対策等でこのハミングバードにどのように対応すべきか心配する人もいると思います。
しかし、何か特別なことをする必要はありません。
今までと同じようにユーザーに焦点を当てて良いコンテンツを作っていくことが第一です。ただ、ハミングバードによって意味を理解する力をGoogleが向上させたというだけなのです。
つまり、検索ユーザーの探しているものを与えるコンテンツ、検索ユーザーの要求を満たすコンテンツをサイト全体として提供していくことが大切だということはこれまでとなんら変わりません。
 
 

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...