Googleの「ハミングバード」について

2014年5月19日

hummingbird

検索アルゴリズム

検索アルゴリズムとは検索結果の並び順を決める上での決定法則です。
このアルゴリズムですが、検索結果を上位にするために法則を解明をしようとしても解明することが出来ません。
なぜなら、このアルゴリズムは確実に決まっているというものでは無いからです。また、アルゴリズムは一つだけでなく多くの種類から成り立っています。この多くの検索アルゴリズムは絶えず変化している為、24時間後には別物になってしまうのです。
Googleの最近の大規模なアルゴリズム変更で有名なのが「ペンギンアップデート」、「パンダアップデート」、「ハミングバード」があります。今回は一番最新の対規模な変更である「ハミングバード」に触れていきたいとおもいます。

ハミングバードの特徴

ハミングバードの最も代表的な特徴として「Conversational Search」(会話型検索)の処理能力の向上です。この様な変更の背景としてモバイル端末からの音声入力による検索結果の向上があげられます。
たとえば「ラーメンが食べられる家から一番近い場所はどこ?」と検索したとします。
この場合、「場所」は文字通りの”場所”を意味するのではなく実際のラーメンが食べれる店舗のことを指します。また「一番近い」や「家」は人それぞれ違い同じ意味を持つわけではありません。東京に住んでる人と大阪に住んでいる人とでは同じ単語でも表す意味が異なってきます。検索エンジンでは文字通りに捉えるため、求めている結果と違った検索結果が出てきてしまいます。
しかし、この場合ハミングバードでは、意味を理解し自分の家から近いラーメン屋を検索結果として表示する事ができます。
この様な「言葉の背後にある意味」を理解できるのがハミングバードの特徴です。

ハミングバード対策は必要?

SEO対策等でこのハミングバードにどのように対応すべきか心配する人もいると思います。
しかし、何か特別なことをする必要はありません。
今までと同じようにユーザーに焦点を当てて良いコンテンツを作っていくことが第一です。ただ、ハミングバードによって意味を理解する力をGoogleが向上させたというだけなのです。
つまり、検索ユーザーの探しているものを与えるコンテンツ、検索ユーザーの要求を満たすコンテンツをサイト全体として提供していくことが大切だということはこれまでとなんら変わりません。
 
 

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...