よくある質問ページについて

ホームページのコンテンツの中で「よくあるご質問」や「FAQ」、「Q&A」など頻繁に尋ねられる質問とその答えを集めたページがよく見られます。
なぜ多くのサイトで作られているのでしょうか?

「よくあるご質問」はよく見られている

とある企業がサイトをリニューアルする際、「ユーザビリティテスト」(※)を行いました。その結果、テストに協力した多くの方が、この「よくあるご質問」のページにアクセスすることがわかりました。
この様なテストで「よくあるご質問」のページはサイトを制作する上で重要なコンテンツであることがわかります。
ユーザビリティテスト
想定するターゲット像に近い被験者が実際にホームページを利用する様子を観察し、どのようにホームページ内を移動するのか、どんな気持ちでリンクをクリックしているのか、といった行動や心理を記録、分析する調査です。

「よくあるご質問」ページを用意する目的

①不明点のあるアクセス者に、適切な回答を提供する。
アクセス者からよく質問を受ける内容を、あらかじめまとめておくのが目的です。
よく質問を受けるということは、その点について同じような疑問を持つ人が多い、ということでもあります。そこで、あらかじめその質問と答えを掲載しておき、自己解決ができるようにしておきます。これにより、アクセス者は、いちいち問い合わせする手間がなくなり、また企業も、同じ質問に何度も答える必要がなくなります。
このときの「質問」は、ホームページから寄せられたものだけにする必要はなく実際のご商売で受けた質問などをまとめても良いでしょう。
②サービス等に興味を持ったアクセス者に、こちらが伝えたい情報をQ&A形式で自然に読んでもらう
必ずしも実際の質問ではなく、企業がアクセス者に是非読んでもらいたいことを掲載するという目的です。
「よくあるご質問」ページはアクセス者がよく訪れるページです。
そのことを利用し、アクセス者に読んでもらいたこと、伝えておきたいことをQ&Aという形で載せておくのです。
そうすることで、アクセス者に的確にポイントを伝えることができ、企業にとってもメリットを伝えることができるので、両者にとって有用なページと言えます。
この様な「よくある質問」はWEB上でサービスを行うような、WEB上でアクセス者と企業の関係が完結する際や、サービスを行っている企業には必須項目とされています。
しかし、コーポレートサイトなどの企業自身の公式Webサイト等には載せていないこともあります。

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...