CMS導入のメリットとデメリット

CMSとは?

CMSとは【コンテンツマネジメントシステム】を省略したものです。ウェブサイトの内容などを管理・更新できるシステムのことを言います。
ウェブサイトの内容を編集するには、テキストや画像を作成するだけでなく、HTMLやCSSなどの専門的な知識を使ってレイアウトの定義や装飾などを行ない、ページ間にリンクを設定するなどの大変手間のかかる作業を行なう必要があります。
CMSはこれらの作業をなるべく簡単に行えるよう、専門的な知識が必要な部分は全てシステム側に制御させ、テキストや画像などの情報のみを入れていくことで簡単にウェブサイトを更新することができます。また、新着情報など、必要なリンクの更新を自動的に行うことが出来ます。
つまり、専門的な知識を学習することなく、ウェブサイトを更新・管理できるシステムです。

CMSのメリット

CMSのメリットを編集と運用の2つの視点から見てみたいと思います。
編集上のメリット

  • ・専門的な知識が無くてもページを作成できる。
  • ・編集の際に発生するミスを減らすことができる。
  • ・お知らせなどの更新が自動的に反映される。
  • ・サイト全体のデザインが統一される。
  • ・サイト全体のデザイン変更が簡単に行える。
  • ・デザインとコンテンツが分離されているため作業の分業体制が明確である。
  • ・作業を社内スタッフで行え、コスト削減と時間短縮が出来る。
  • ・サイトの内部構造が明確なのでSEOに強い。

運用上のメリット

  • ・複数の人間で管理、更新することができる。
  • ・更新管理できる部分の権限を細かく割り振ることができる。
  • ・更新管理を厳格にできる。
  • ・更新履歴により、すぐに修正可能で責任の所在が明確になる。
  • ・更新や修正に時間がかからない。
  • ・指定した時間に更新できるので時間に拘束されない。
  • ・サーバー等ををまとめることにより、運用コストが軽減される。

この様にCMSを導入すると様々なメリットを挙げることができます。
導入することで多くのメリットを得ることが出来ると同時にデメリットも発生します。

CMSのデメリット

  • ・CMSの操作方法や機能を習得しなければならない。
  • ・既存のコンテンツを移行させなければならい。
  • ・CMSの導入に結構なコストがかかる。
  • ・レイアウトが統一されているためデザインに制限がある。

以上のようなデメリットが挙げられます。
CMSを導入するかどうかはメリットとデメリットをしっかりと捉え判断する必要があります。
企業にとって、ウェブサイトを活用したマーケティングの重要性が増す中、ウェブでのマーケティングを行っていく上で、マルチデバイス対応、CRM連携、ソーシャルメディア対応など様々な要件が増えています。
その構築・運用コストを考える上で、CMS導入、クラウド化は必要不可欠であると思われます。

Related Posts

雇用調整助成金について(2021年7月8日)

先日、厚生労働省から9月末まで延長することが発表されました。 内容などは、特に変更は内容です。 10月以降に関しては、8月中に発表されるようです。 詳細リンク...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...