リニューアル時に考えるべきこと( 301リダイレクト)

2014年5月24日

ホームページというのは制作後ずっと同じ形を維持できるものではありません。運用していく上でコンテンツサービスが追加されたり、目的や方向性が変わったり、新しいシステムを追加したりと少なからずリニューアルというタイミングが訪れます。その際デザインの刷新と共に新しいドメインを取得し新規ブランディング化を試みることもあるでしょう。その時に必ず悩む、不安に思うこととして
せっかく今1番目に表示されているのにドメインを変えたらまた暫く上位順位になるまでに時間が掛かってしまう?
せっかくファンが増えてブックマークもされているのにページが見られなくなってしまう?
等があると思います。

問題を解決する方法は301リダイレクト

この悩みを解決する手段としてGoogleは301リダイレクトというのを推奨しています。301リダイレクトというと聞き慣れずなんのことかと思いますが、イメージ的には電話の転送サービスです。外出しているときは転送設定をして別の電話番号に電話を転送させる。一応呼び出し音の変化等ありますが、利用者は特に違和感を感じることなく使用ができます。301リダイレクトも旧ドメインにアクセスしたら瞬間的に新しいドメインのサイトに切り替えることができます。

301リダイレクトのメリット

301リダイレクトは過去のドメインリンクをブックマークしていたユーザーを誘導するだけでなく過去のドメインに貼られていたリンクのSEO効果(サイトの評価)を引き継ぐことができます。なので新規ドメインで0からスタートというわけではなく、ある程度同じ順位を維持しながら運用していくことができます。(10%程度の評価は下がる現象もあります。)

気を付ける点

旧ドメイン全体のURLを新ドメインのトップに301リダイレクトすることもできますが、基本的には各ページを同じ内容のコンテンツページに個別にリンクさせることを推奨しています。ページ対ページのリダイレクトを行うと、Google でのサイトのランキングを維持するのに役立つと同時に、ユーザーの利便性も一貫性があり見やすいものになります。以前のサイトと新しいサイトのページが 1 対 1 で対応しない場合(対応させることをおすすめします)は、以前のサイトの各ページを少なくともコンテンツが類似している新しいページにリダイレクトするようにしてください。
その他にも、

  • 旧サイトのドメインはしばらく並行して保持する
  • ウェブマスター ツールのアドレス変更ツールを使用して、サイトの移転を Google に通知
  • 新しいサイト上の URL をリストしたサイトマップを作成してGoogleに送信、クロールを依頼する

等があります。
参考:サイトを移転する

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...