「Windows XPのサポート」終了関して

XPのサポートが終了

Microsoftは日本時間の2014年2014年4月9日にそれまで実施してきたWindows XPの延長サポートを打ち切ることになりました。
PCをはじめとするハードウェアに寿命があるように,OSにも寿命があるのです。

サポートが終了するとどうなるのか

pサポート終了後は、マイクロソフトからセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、Windows XP搭載PCをそのまま使い続けることは、企業および個人にとって、セキュリティのリスクが格段に高まることを意味します。

こんな誤解していませんか?

1.サポートが終了しても使えるでしょ?
ネットワークに接続利用することは、非常に危険です!!
脆弱性が飛躍的に向上するため悪意をもった攻撃者の格好の的となるためです。
2.漏洩して困るような機密情報は持っていないから大丈夫?
メールのアドレス帳にある取引先の連絡先なども重要な機密事項です。また、自社のPCが踏み台となって、取引先にウイルスを勝手に送りつけることもあります。
3.ウイルス対策ソフトが入っているから問題ない?
Windows XP発売当時(2001年)と比較すると、セキュリティ上の脅威は飛躍的に高度化しています。これに対応するためには、OSの更新であったり様々な防御策が必要となります。よって、セキュリティ対策ソフトだけで対応していくことは、もはや困難な状況と考えられます。

今からできる最善の処置

1.まず、入替え用の「最新OSのパソコン」を早急にご用意ください。
サポート期間の終了後は、 Windows XP 搭載パソコンを「インターネットができる状態」にしておくことは危険です。
2.「2014年4月9日」以降は、 Windows XP 搭載パソコンをネットワークから切り離してください。
「未知の不正行為を試そうとする」犯罪が横行する危険があります。電源を落としていても、ネットワーク経由で遠隔操作されてしまうことがあるかもしれません。
3.Windows XP 搭載パソコン内の必要なデータを別のハードディスクに移してください。
必ずしも「新しい環境に移行できるデータ」であるかは分かりませんが、盗まれる危険のあるパソコンに保管しておく必要はありません。新しいパソコンが用意できていない場合は、外付けハードディスクなどにデータを移しておきましょう。
「最善の対応」は、早ければ早いほど被害を低減化します。
今、Windows XP搭載パソコンをご利用の方は、出来る限り早く「最新OSパソコン」への入替えを実行ください!

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。