「Windows XPのサポート」終了関して

XPのサポートが終了

Microsoftは日本時間の2014年2014年4月9日にそれまで実施してきたWindows XPの延長サポートを打ち切ることになりました。
PCをはじめとするハードウェアに寿命があるように,OSにも寿命があるのです。

サポートが終了するとどうなるのか

pサポート終了後は、マイクロソフトからセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、Windows XP搭載PCをそのまま使い続けることは、企業および個人にとって、セキュリティのリスクが格段に高まることを意味します。

こんな誤解していませんか?

1.サポートが終了しても使えるでしょ?
ネットワークに接続利用することは、非常に危険です!!
脆弱性が飛躍的に向上するため悪意をもった攻撃者の格好の的となるためです。
2.漏洩して困るような機密情報は持っていないから大丈夫?
メールのアドレス帳にある取引先の連絡先なども重要な機密事項です。また、自社のPCが踏み台となって、取引先にウイルスを勝手に送りつけることもあります。
3.ウイルス対策ソフトが入っているから問題ない?
Windows XP発売当時(2001年)と比較すると、セキュリティ上の脅威は飛躍的に高度化しています。これに対応するためには、OSの更新であったり様々な防御策が必要となります。よって、セキュリティ対策ソフトだけで対応していくことは、もはや困難な状況と考えられます。

今からできる最善の処置

1.まず、入替え用の「最新OSのパソコン」を早急にご用意ください。
サポート期間の終了後は、 Windows XP 搭載パソコンを「インターネットができる状態」にしておくことは危険です。
2.「2014年4月9日」以降は、 Windows XP 搭載パソコンをネットワークから切り離してください。
「未知の不正行為を試そうとする」犯罪が横行する危険があります。電源を落としていても、ネットワーク経由で遠隔操作されてしまうことがあるかもしれません。
3.Windows XP 搭載パソコン内の必要なデータを別のハードディスクに移してください。
必ずしも「新しい環境に移行できるデータ」であるかは分かりませんが、盗まれる危険のあるパソコンに保管しておく必要はありません。新しいパソコンが用意できていない場合は、外付けハードディスクなどにデータを移しておきましょう。
「最善の対応」は、早ければ早いほど被害を低減化します。
今、Windows XP搭載パソコンをご利用の方は、出来る限り早く「最新OSパソコン」への入替えを実行ください!

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...