リッチコンテンツとは?

リッチコンテンツとは静的なテキストや静止画像だけでなく、動画(ビデオ、アニメーション、CG)や音声(ナレーション、音楽)などを利用した表現豊かなコンテンツのことです。
通信環境がより高速化、大容量化するなど通信環境の向上や、スマートフォンやタブレットでも大容量データの閲覧が容易になった事でより注目されているコンテンツです。

魅力としては

  • 多彩な表現力により、短時間に多くの情報を提供できる。
  • 自社の伝えたいイメージを情感豊かにアピールできる。
  • ユーザーの主体的な操作で、自社の伝えたいメッセージへアクセスしてもらえる。
  • 楽しみながら利用していただくことで、WEBサイトでの滞在時間を伸ばせる。

活用法

商品やサービスの販売促進コンテンツ
複雑なしくみのサービスや他社との差別化の難しい商品、営業や宣伝担当者にとって説明の難しい商品をわかりやすく解説出来る。
広報活動支援コンテンツ
企業における採用やIRなどを動的に見せることができ、イメージを掴んでもらいやすくなる。
ブランド力や商品価値のアップ
動画などによる自社商品のPRにより自社の強みを知ってもらい易い。

このようにWEBでの表現が豊かになっていくことで、企業はユーザーに与えるメッセージがより伝わりやすくなってきています。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。