リッチコンテンツの魅力とその活用

· · · | ブランディング · ウェブデザイン · アナリティクス

リッチコンテンツとは?

リッチコンテンツとは静的なテキストや静止画像だけでなく、動画(ビデオ、アニメーション、CG)や音声(ナレーション、音楽)などを利用した表現豊かなコンテンツのことです。
通信環境がより高速化、大容量化するなど通信環境の向上や、スマートフォンやタブレットでも大容量データの閲覧が容易になった事でより注目されているコンテンツです。

魅力としては

  • 多彩な表現力により、短時間に多くの情報を提供できる。
  • 自社の伝えたいイメージを情感豊かにアピールできる。
  • ユーザーの主体的な操作で、自社の伝えたいメッセージへアクセスしてもらえる。
  • 楽しみながら利用していただくことで、WEBサイトでの滞在時間を伸ばせる。

活用法

商品やサービスの販売促進コンテンツ
複雑なしくみのサービスや他社との差別化の難しい商品、営業や宣伝担当者にとって説明の難しい商品をわかりやすく解説出来る。
広報活動支援コンテンツ
企業における採用やIRなどを動的に見せることができ、イメージを掴んでもらいやすくなる。
ブランド力や商品価値のアップ
動画などによる自社商品のPRにより自社の強みを知ってもらい易い。

このようにWEBでの表現が豊かになっていくことで、企業はユーザーに与えるメッセージがより伝わりやすくなってきています。