エスクローって何?

img_escrow
エスクローという言葉を聞いたことはあるでしょうか。
エスクローとは商取引の際に、信頼の置ける第三者を仲介させて、取引の目的を担保することです。具体的にはどういうことかというとインターネット上の取引などに用いられるのですが、Aさんが売り主Bさんが買い主とします。Bさんはある商品をネット上で購入したいがAさんとは面識もなく初めての取引になるため不安です。また代金を先に入金しないと商品が送られてこないため目的のものと違うものが届いた場合、Bさんの責任において代金の返還を求める必要がありますが、それも大変な作業です。
こんな場合に活用するのがエスクローです。
エスクローの第三者としてサービス提供をしている機関は色々とありますが、銀行などの金融機関が多いです。
上記のようなケースだとBさんはAさんに直接代金を入金するのではなく第三者であるC銀行に入金します。C銀行からAさんに入金があったことを伝え、AさんはBさんに商品を送ります。Bさんは商品の到着を確認できたらC銀行に伝え、C銀行からAさんに初めて入金されるという形です。(取引が正常に成立しなかった場合はBさんにエスクロー金が返金されます)
インターネット上はお互いの顔が見えず空間的にも離れている場合が多いので金銭や商品のやり取りに不安を感じる場合はこういったサービスを利用するのも良いでしょう。
参考:取引安心信託
参考:エスクロー

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。