Basic認証について

2014年4月1日

ウェブサイトのアクセス制限

自身のウェブサイトに、会員制のページであったり、限られた人にのみに公開するであったり、特定の人物に対してだけファイルを渡したい場合など、特定のページに限られた人のみアクセス出来るようにすることを「アクセス制限」といいます。
ウェブ上では、IDとパスワードを用意したユーザー認証を行う「アクセス制限」が用いられています。「アクセス制限」のなかでほとんどのウェブサーバーやブラウザで利用でできる簡単なユーザー認証が「Basic認証(基本認証)」と呼ばれているものです。

Basic認証

Basic認証とは、HTTPで定義される認証方式の一つで、基本認証と呼ばれています。
下図の様にBasic認証が施されているページにアクセスしようとすると、認証ダイアログが表示され、IDとパスワードの入力が求められます。
access1

Basic認証を行うと

ID、パスワードを入力するため複数のユーザーに対して個別にパスワードを発行することが出来る。
例えば会員制個別ページを作成することが出来る。
1組のIDとパスワードを用意すると全員共通のアカウントとして利用することができる。

Basic認証の機能

ユーザー認証はブラウザを終了するまで有効
IDやパスワードを何度も入力する必要がありません。
他のサイトに移動し、戻っても入力する必要がありません。
ですので、閲覧者にかける手間が最小限に済みます。
IDやパスワードはブラウザに記憶できる
ブラウザの多くはIDとパスワードを記憶しておく機能が用意されているので、閲覧者がそのブラウザの機能を利用すると、アクセスの度に入力する手間が省けます。
検索エンジンもブロックする
検索エンジンもアクセスできないため、アクセス制限を施している部分は検索結果に表示されません。ですので、検索結果に出てほしくないページを公開することができます。
認証出来ずにアクセス制限を受けた場合の表示を変更することができる
何も設定せずにアクセス制限を受けた場合、ウェブサーバー、またはブラウザのエラー画面が表示されます。
しかし「エラーメッセージ」のページを独自で作成することができます。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...