Basic認証について

2014年4月1日

ウェブサイトのアクセス制限

自身のウェブサイトに、会員制のページであったり、限られた人にのみに公開するであったり、特定の人物に対してだけファイルを渡したい場合など、特定のページに限られた人のみアクセス出来るようにすることを「アクセス制限」といいます。
ウェブ上では、IDとパスワードを用意したユーザー認証を行う「アクセス制限」が用いられています。「アクセス制限」のなかでほとんどのウェブサーバーやブラウザで利用でできる簡単なユーザー認証が「Basic認証(基本認証)」と呼ばれているものです。

Basic認証

Basic認証とは、HTTPで定義される認証方式の一つで、基本認証と呼ばれています。
下図の様にBasic認証が施されているページにアクセスしようとすると、認証ダイアログが表示され、IDとパスワードの入力が求められます。
access1

Basic認証を行うと

ID、パスワードを入力するため複数のユーザーに対して個別にパスワードを発行することが出来る。
例えば会員制個別ページを作成することが出来る。
1組のIDとパスワードを用意すると全員共通のアカウントとして利用することができる。

Basic認証の機能

ユーザー認証はブラウザを終了するまで有効
IDやパスワードを何度も入力する必要がありません。
他のサイトに移動し、戻っても入力する必要がありません。
ですので、閲覧者にかける手間が最小限に済みます。
IDやパスワードはブラウザに記憶できる
ブラウザの多くはIDとパスワードを記憶しておく機能が用意されているので、閲覧者がそのブラウザの機能を利用すると、アクセスの度に入力する手間が省けます。
検索エンジンもブロックする
検索エンジンもアクセスできないため、アクセス制限を施している部分は検索結果に表示されません。ですので、検索結果に出てほしくないページを公開することができます。
認証出来ずにアクセス制限を受けた場合の表示を変更することができる
何も設定せずにアクセス制限を受けた場合、ウェブサーバー、またはブラウザのエラー画面が表示されます。
しかし「エラーメッセージ」のページを独自で作成することができます。

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...