Basic認証について

2014年4月1日

ウェブサイトのアクセス制限

自身のウェブサイトに、会員制のページであったり、限られた人にのみに公開するであったり、特定の人物に対してだけファイルを渡したい場合など、特定のページに限られた人のみアクセス出来るようにすることを「アクセス制限」といいます。
ウェブ上では、IDとパスワードを用意したユーザー認証を行う「アクセス制限」が用いられています。「アクセス制限」のなかでほとんどのウェブサーバーやブラウザで利用でできる簡単なユーザー認証が「Basic認証(基本認証)」と呼ばれているものです。

Basic認証

Basic認証とは、HTTPで定義される認証方式の一つで、基本認証と呼ばれています。
下図の様にBasic認証が施されているページにアクセスしようとすると、認証ダイアログが表示され、IDとパスワードの入力が求められます。
access1

Basic認証を行うと

ID、パスワードを入力するため複数のユーザーに対して個別にパスワードを発行することが出来る。
例えば会員制個別ページを作成することが出来る。
1組のIDとパスワードを用意すると全員共通のアカウントとして利用することができる。

Basic認証の機能

ユーザー認証はブラウザを終了するまで有効
IDやパスワードを何度も入力する必要がありません。
他のサイトに移動し、戻っても入力する必要がありません。
ですので、閲覧者にかける手間が最小限に済みます。
IDやパスワードはブラウザに記憶できる
ブラウザの多くはIDとパスワードを記憶しておく機能が用意されているので、閲覧者がそのブラウザの機能を利用すると、アクセスの度に入力する手間が省けます。
検索エンジンもブロックする
検索エンジンもアクセスできないため、アクセス制限を施している部分は検索結果に表示されません。ですので、検索結果に出てほしくないページを公開することができます。
認証出来ずにアクセス制限を受けた場合の表示を変更することができる
何も設定せずにアクセス制限を受けた場合、ウェブサーバー、またはブラウザのエラー画面が表示されます。
しかし「エラーメッセージ」のページを独自で作成することができます。

Related Posts

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

ここ数年SDGs(エス・ディー・ジーズ)が盛んに取り上げられていますが、SDGsの取り組みによって優秀な人材獲得を目指しましょう。 SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGsは国連が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示した2016年から2030年までの国際的な持続可能な開発目標です。 アルファベットそのままに読むとエス・ディー・ジー・エスになりますが、Sustainable Development Goalsの略であり最後はジーエスでなくジーズと呼ぶのが正しいです。...

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者の方は最大30万円の一時支援金が受けられる可能性があるのでご紹介です。 原油価格や原材料価格高騰等への対策として、売上の減少した中小法人・個人事業主等の事業継続を支援するため最大30万円の兵庫県中小企業等原油価格・物価高騰対策一時支援金が受給可能です。 返還義務はありませんが、要件に該当しない、不正受給などはもちろん返還対象となるのでお気をつけ下さい。 対象 ①次の「ア」または「イ」を満たすこと ア 国の事業復活支援金を受給していること (対象月:令和3年11月分から令和4年3月分までのいずれかの月)...