Basic認証について

2014年4月1日

ウェブサイトのアクセス制限

自身のウェブサイトに、会員制のページであったり、限られた人にのみに公開するであったり、特定の人物に対してだけファイルを渡したい場合など、特定のページに限られた人のみアクセス出来るようにすることを「アクセス制限」といいます。
ウェブ上では、IDとパスワードを用意したユーザー認証を行う「アクセス制限」が用いられています。「アクセス制限」のなかでほとんどのウェブサーバーやブラウザで利用でできる簡単なユーザー認証が「Basic認証(基本認証)」と呼ばれているものです。

Basic認証

Basic認証とは、HTTPで定義される認証方式の一つで、基本認証と呼ばれています。
下図の様にBasic認証が施されているページにアクセスしようとすると、認証ダイアログが表示され、IDとパスワードの入力が求められます。
access1

Basic認証を行うと

ID、パスワードを入力するため複数のユーザーに対して個別にパスワードを発行することが出来る。
例えば会員制個別ページを作成することが出来る。
1組のIDとパスワードを用意すると全員共通のアカウントとして利用することができる。

Basic認証の機能

ユーザー認証はブラウザを終了するまで有効
IDやパスワードを何度も入力する必要がありません。
他のサイトに移動し、戻っても入力する必要がありません。
ですので、閲覧者にかける手間が最小限に済みます。
IDやパスワードはブラウザに記憶できる
ブラウザの多くはIDとパスワードを記憶しておく機能が用意されているので、閲覧者がそのブラウザの機能を利用すると、アクセスの度に入力する手間が省けます。
検索エンジンもブロックする
検索エンジンもアクセスできないため、アクセス制限を施している部分は検索結果に表示されません。ですので、検索結果に出てほしくないページを公開することができます。
認証出来ずにアクセス制限を受けた場合の表示を変更することができる
何も設定せずにアクセス制限を受けた場合、ウェブサーバー、またはブラウザのエラー画面が表示されます。
しかし「エラーメッセージ」のページを独自で作成することができます。

Related Posts

スラック(slack)のバックアップは取れる?

スラック(slack)のバックアップは取れる?

先日スラック(slack)の仕様が変更されるとお伝えしましたが、できれば費用をかけずに無料で使い続けたいという方もいるかと思います。とりあえずは90日分は閲覧できるのでバックアップをとっておいて、タイミングの時に有料化するのも方法かもしれません。 それではスラック(slack)でバックアップをとることはできるのでしょうか。 結論としては不可能ではないが、難しいケースが多いという形です。 スラック(slack)の仕様変更に注意 無料の履歴は90日まで プランによりエクスポート可能なデータは異なる...

至急BitLocker回復バックアップキーの取得を。Windows11で不具合発生中!?

至急BitLocker回復バックアップキーの取得を。Windows11で不具合発生中!?

Windows11のパソコンを使用されている方は要注意です。 Windows向けの更新プログラム「KB5012170」で現在問題が発生しており、最悪パソコンがロックされて初期化以外復旧ができなくなってしまうことがあるので事前の対策を取りましょう。 手動更新している場合はしばらく更新しないことをおススメします。 症状 BitLocker回復キーを求められる 普段と同じようにパソコンを使い、パソコンをシャットダウンし、翌日立ち上げると英語だらけの画面に。よくわからないので取り合えずOKやキャンセルを押すと、...

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...