301リダイレクトを使った「wwwあり」と「wwwなし」の統一

2014年2月18日

サイトが「wwwあり」と「wwwなし」と分かれてしまっていて、同じコンテンツにアクセス出来てしまう状態は良くありません。
例えば、「http://www.sample.com/」「http://sample.com/」は私たちにとっては同じページの様に見えていても、検索エンジンにとってはまったく別のページになります。
このように分かれているとウェブサイトの評価が分散してしまいます。
このような事にならない為に行われるのがURL正規化です。

URL正規化の際に使われるのが「301リダイレクト」という仕組みです。
301リダイレクトは、サーチエンジンが推奨しているドメイン移転方法です。
方法としては、特定のURLへのアクセスを指定したURLに転送することができます。この仕組みを使うと分かれて認識されていたページのページランクや検索結果に影響するデータを引き継いでくれます。また、ドメインを移転しても、サーチエンジンが認識している移転元のサイトの情報は、移転先のサイトへ引き継がれます。

このように「wwwあり」か「wwwなし」どちらかに統一することによって、これまでのSEO効果を引き継ぐ事ができます。

※「wwwあり」「wwwなし」に優劣はなく、「向き・不向き」「好き・嫌い」であるのでどちらでも構いません。重複しますが、「wwwあり」と「wwwなし」の2つで、同じコンテンツを展開してはいけないということです。
※実際には正規化されていなくてもGoogle側でwww.有無についてはうまく処理してくれますが、100%何の問題も起こらないとは言い切れませんので、正しく正規化しておくに越したことはありません。

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...