レスポンシブWebデザインについて

図1

Webサイト閲覧のマルチデバイス化

Webサイトは今まで、パソコンだけでしか閲覧することが出来ませんでした。
しかし、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンやiPadなどのタブレット端末の急速
な普及により様々な人々が様々な機器を使用しWebサイトを見ることになります。
そのため、Webサイトも多くの利用者に閲覧してもらう為に、利用者の閲覧環境に応じたページレイアウトが必須になってきました。

マルチデバイスに対応するレスポンシブwebデザインとは?

現在のwebサイトで多く採用されているレイアウトは、複数の段落分けをしているものです(例:左側にメニューが並び、右側にメインの記事が表示される)。これはPCのディスプレイで利用するにはたいへん使いやすいレイアウトですが、スマートフォンのような狭い画面ではタップしにくくなったり文字や画像が小さくなるなど、かえって不便になってしまいます。

その問題を解消するための手段としては、スマートフォンやタブレットでサイトを閲覧する人のために新たなサイトを用意するというものが考えられますが、こちらは常に複数のサイトを管理しなければならなくなるという煩雑さが生じます。これらの問題をすべて解消するのがレスポンシブWebデザインという制作手法です。

レスポンシブWebデザインを用いれば、ユーザーの閲覧している環境をサイト側で判断して、それに最適なデザインへ変化させられます。例えば、大きな画面では2段組のレイアウトのものが狭い画面では1段組のレイアウトに変わる、また文字や表示されている画像や動画なども画面に応じて適切なサイズに変化させるなどといったことが可能となります。

「道後オンセナート2014」http://www.dogoonsenart.com/

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...