レスポンシブWebデザインについて

図1

Webサイト閲覧のマルチデバイス化

Webサイトは今まで、パソコンだけでしか閲覧することが出来ませんでした。
しかし、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンやiPadなどのタブレット端末の急速
な普及により様々な人々が様々な機器を使用しWebサイトを見ることになります。
そのため、Webサイトも多くの利用者に閲覧してもらう為に、利用者の閲覧環境に応じたページレイアウトが必須になってきました。

マルチデバイスに対応するレスポンシブwebデザインとは?

現在のwebサイトで多く採用されているレイアウトは、複数の段落分けをしているものです(例:左側にメニューが並び、右側にメインの記事が表示される)。これはPCのディスプレイで利用するにはたいへん使いやすいレイアウトですが、スマートフォンのような狭い画面ではタップしにくくなったり文字や画像が小さくなるなど、かえって不便になってしまいます。

その問題を解消するための手段としては、スマートフォンやタブレットでサイトを閲覧する人のために新たなサイトを用意するというものが考えられますが、こちらは常に複数のサイトを管理しなければならなくなるという煩雑さが生じます。これらの問題をすべて解消するのがレスポンシブWebデザインという制作手法です。

レスポンシブWebデザインを用いれば、ユーザーの閲覧している環境をサイト側で判断して、それに最適なデザインへ変化させられます。例えば、大きな画面では2段組のレイアウトのものが狭い画面では1段組のレイアウトに変わる、また文字や表示されている画像や動画なども画面に応じて適切なサイズに変化させるなどといったことが可能となります。

「道後オンセナート2014」http://www.dogoonsenart.com/

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...