アドワーズ キーワード登録しているのに広告が表示されない

2014年2月24日

bg_question
グーグルのリスティング広告、アドワーズを運用しているとキーワード登録しているのに広告が表示されないということがあります。理由としてはいくつか考えられます。

一般的なキーワード(不動産、太陽光発電、デザイン等)の場合

広告ランクが低いため表示機会を押さえられており「品質スコアが低いため、ほとんど表示されていません」と表示されることがあります。
ここでいう品質スコアとはキーワード毎に定められるもので広告との関連性を表す数字です。1ならば関連性が低く、10ならば関連性が高くなります。推定クリック率や広告文の関連性リンク先ページの利便性(分かりやすい内容か、コンテンツが掲載されているか、情報が整理され操作しやすいか等)から品質スコアは決定されます。
広告ランクは品質スコア×クリック単価なので品質スコアorクリック単価を上げることで表示機会を増やすことができます。
全ての表示機会を100として何%ぐらい表示されているかはインプレッションシェアで確認できるのであまり広告が表示されないと感じる方は一度確認してみるのが良いです。

ユニークなキーワード(社名、ブランド名等)の場合

「検索ボリュームが少ない」と表示されることがあります。これはGoogle で検索する人が非常に少ないため、広告を表示することができない状態です。対処法としてはキーワードを変更する等しかないのですが、今後そのキーワードでの検索回数が増えると広告表示が有効になる場合があります。
「~で検索」としてアドワーズで広告する場合にもそのキーワードを周知させるためのプロモーションも必要となってきます。
参考:広告品質に関する重要事項

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...