ワードプレスとは?メリット・デメリット


弊社ではホームページを納品するときに必ずワードプレス(WP)というキーワードが出てきます。ではワードプレスとはなんでしょうか?

世界で一番使われているCMS

ワードプレスは世界で一番使われているCMSになります。多くの個人や企業に利用され6500万以上のサイトがワードプレスを利用しているようです。また、聞き慣れない言葉「CMS」が出てきましたがCMSとはコンテンツマネージメントシステムのことで、簡単に言うとホームページを簡単に管理更新できるようにするシステムです。通常ホームページを作るには、テキストや画像を作成するだけでなく、レイアウトを定めてページ間にリンクを設定するなどの作業も行う必要があります。そういったホームページの様々な要素を分離してデータベースに保存し、サイト構築をソフトウェアで自動的に行うようにしたものがCMSです。

参考:WordPress increases its domination of the top 100 blogs

ワードプレスの特徴

2003年にマット・マレンウェッグさんとマイク・リトルさんが当時台頭していたCMSのムーバブルタイプ(MT)の再構築の遅さや企業開発ならではの開発の遅さに苛立ちを覚え開発リリースという形になりました。
ワードプレスは基本的に無料で利用できます。またオープンソースにし開発や公開を世界中の有志が自由に行える形をとっています。そのコミュニティの場も整えられており、シンプルで動的にページを更新するため再構築が不要なことも現在の広がりにつながっていると思います。
ウェブ上のコミュニケーションだけでなくワードキャンプという会合が世界中で開かれユーザーと開発者の交流などが行われています。

参考:オープンソース
参考:10年目を迎えたWordPressの歴史と今後の展望
では使用する上でメリットやデメリットはどのようなものがあるでしょうか?

ワードプレスのメリット


・ホームページの知識が無くてもお知らせなどお客様側で管理更新ができる。
・商用利用するにもコストがかからない
・オープンソースな為、世界中で改善開発がおこなわれ企業の倒産によってサービス停止などのリスクが無い。
・拡張プラグインも豊富
・ブラウザ上で更新作業ができる為、デバイスを選ばない。
・モジュールに分け動的にページを生成するので再構築等をする必要がなく、管理更新も楽。

ワードプレスのデメリット

・世界シェア1位な故攻撃にもさらされやすい
・セキュリティ対策のバージョン更新やアップデートを年に数回行う。それに対応する必要がある。
・サーバー要件によって対応できるできないがある。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

IT導入補助金 2021

IT導入補助金 2021

昨年ご好評頂いたIT導入補助金が今年も始まります。 といっても弊社のサービスではなく、経済産業省の補助事業です。 近年、毎年複数回に区切って実施されるIT導入補助金ですが、今年度は4月7日(水)から申請受付開始で初回締切は5月14日(金)の予定です。 ※例年通りですと2次締切、3次締切と新設されていきます。 毎年細かい形式が変わる補助金で今年度は昨年のマイナーリニュアルという形のようですが改めて概要ご紹介します。 弊社も昨年支援事業者として登録をしており今年も登録予定です。...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...