not providedとは


グーグルアナリティクスにおいて検索キーワードとして必ずといっていいほど上位に表示されるnot provided。これはどういう意味でしょうか?もちろんユーザーがnot provided と検索窓に打ち込んでいるわけではなく、キーワードデータを取得できなかった検索結果の集まりをまとめてnot providedと表現しています。
では、何故取得できないかというとグーグル側の仕様の問題で、例えばグーグルアカウント(gmailなど)にログインしたまま検索すると検索ユーザーのプライバシーを守るという目的でSSL通信で暗号化した状態での検索ということになり、暗号化された結果についてはグーグルアナリティクスで表示することができないのでnot providedにまとめられてしまいます。
また最近ではグーグルアカウントにログインをしていなくてもブラウザ側が標準でSSLでグーグル検索を行うような仕様になっている場合もあるようです。(下記参考)
Google Chrome:バージョン25(2013/2/21公開)~SSL化。
Firefox:バージョン14(2012/7/17公開)~SSL化。
InternetExplorer:バージョン10(2013/2/26公開)~SSL化。
Safari:iOS6.0(2012/9/19公開)~SSL化。

not providedは良い悪い?

最近では情報漏洩であったりプライバー保護であったり、データを取得されるのが嫌だというユーザーも増えているので検索キーワードを知られることがなく検索ユーザー側としては良い仕様に思われがちですが実際にはどうでしょうか?サイト制作側からは訪問キーワードというのはとても大切な指標になります。想定しているキーワードで訪問されていない場合は修正が必要ですし、思わぬキーワードが質の高い訪問だったりもします。キーワードから訪問者とサイトの内容を見直し、検索ユーザーの求めているものとの関連性の高いページ作りをしていくことこそ最重要なことなのですが、その判断指標の一つが奪われるということは結果的にはサイト制作側だけでなく検索ユーザー側にとっても良い結果にはならないのではないでしょうか。

Related Posts

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...

2019年9月版 ページを上位に表示させる為のSEO対策

ウェブサイトを初めて公開しURLを打ち込むとちゃんとページが表示された時、今までの苦労が吹き飛び嬉しくなるものです。 ではGoogleやヤフーでも検索すると表示されるかな?と検索してみると・・・、 よく公開直後に検索してもサイトが表示されないので何とかならないですか?ライバルサイトよりも順位が低いけど何故?とご質問頂くこともあります。基本的にはしばらく(数週間から2,3ヶ月)様子を見て下さいとお伝えしています。...

Gmailで独自ドメインのメール送受信

普段Outlookというメーラーを使用しない方でも独自ドメインでのメール送受信できる方法をご紹介します。 ※有料版のGsuiteベーシックを利用することで下記の設定によらず独自ドメインのメール送受信もできますが、メールアカウント数毎に課金が発生します。弊社ではGsuiteの導入サポートも可能ですのでご相談下さい 参考:https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/pricing.html Gmailで独自ドメインのメール送受信...