(direct)ノーリファラーの増加の原因


グーグルアナリティクスでトラフィックを調べてみると一番多い項目は何でしょうか?業種やホームページの使い方にもよりますが、
サイト内キーワードが豊富なサイトはgoogle / organicやyahoo / organic、
求人サイトなどに登録している場合はhatalike.jp / referralやtenshoku.mynavi.jp / referral、e-aidem.com / referralなど、
リスティング広告に力を入れているサイトはgoogle / cpc、
リピーターが多いサイトは(direct) / (none)のトラフィック量が多いことかと思います。

(direct)とは

(direct)とはノーリファラー(参照元なし)という意味で、検索サイトや他のサイトのリンク(リファラー)からたどってきた情報がないことを意味します。ではどういう場合にそう記録されるかというと
お気に入り、ブックマークから訪れた場合
直接URLを入力した場合
メルマガに記載されているURLをクリックした場合
QRコードから訪れた場合
などがあげられるのですが最近(direct)のアクセスが全体として伸びてきているようです。お気に入りからのアクセスもdirectに記載されることからも分かるようにリピータ、ファン数の判断指標としても使えるのですが、新しい要因としてdirectが増加している場合があるようです。

(direct)増加の原因はスマートフォン?

その原因はスマートフォンからのアクセスです。スマートフォンからのアクセスは利用端末のOS、ブラウザー、検索エンジンのパターンによっては通常にキーワード検索してもノーリファラー(参照元なし)としてdirectにカウントされてしまうことがあります。またアプリからのアクセスもdirectにカウントされることが多いようです。
ただしスマートフォンが急速に普及しているといってもスマートフォンで検索、アクセスされる割合はサイト種類によって異なります。教育、学校系のサイトだと50%を超えていたり製造業系のサイトだとまだ10%いかなかったりします。(direct)の増加の一因としてはスマートフォンからの検索の増加も考えられますが、リピーターが増えたり、メルマガアプローチが成功したりといった理由も考えられるので自社のサイトはそれに当てはまるのかどうか更に細かく見ていく必要があります。(メルマガやQRコードは工夫することで(direct)以外として計測することもできます。)
参考:何が原因?「ノーリファラー(参照元なし)」の値が増える理由
Posted by Nakagawa

Related Posts

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...

今からでも遅くないテレワークのポイント

今からでも遅くないテレワークのポイント

2020年、新型コロナウイルス感染症の流行と共にテレワークが注目されました。 国や自治体も盛んに人流抑制によるテレワークの導入を訴えていましたが、実は感染症対策の為に2020年にぽっと出てきた単語でないのです。 実は2017年頃より政府が推進した「働き方改革」の一つにテレワークがうたわれていました。...

IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日(日本時間)に決定

IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日(日本時間)に決定

先日マイクロソフトからIE11のサポート終了期限が発表されました。2022年6月16日(日本時間) IE(Internet Explorer)はバージョンを変えながら長年Windowsの標準ブラウザだったこともあり、親しみが深い人も多いと思います。 そもそも詳しい人以外はインターネット=IEとして、その他のブラウザの存在を意識していない方も多いと思います。...