(direct)ノーリファラーの増加の原因


グーグルアナリティクスでトラフィックを調べてみると一番多い項目は何でしょうか?業種やホームページの使い方にもよりますが、
サイト内キーワードが豊富なサイトはgoogle / organicやyahoo / organic、
求人サイトなどに登録している場合はhatalike.jp / referralやtenshoku.mynavi.jp / referral、e-aidem.com / referralなど、
リスティング広告に力を入れているサイトはgoogle / cpc、
リピーターが多いサイトは(direct) / (none)のトラフィック量が多いことかと思います。

(direct)とは

(direct)とはノーリファラー(参照元なし)という意味で、検索サイトや他のサイトのリンク(リファラー)からたどってきた情報がないことを意味します。ではどういう場合にそう記録されるかというと
お気に入り、ブックマークから訪れた場合
直接URLを入力した場合
メルマガに記載されているURLをクリックした場合
QRコードから訪れた場合
などがあげられるのですが最近(direct)のアクセスが全体として伸びてきているようです。お気に入りからのアクセスもdirectに記載されることからも分かるようにリピータ、ファン数の判断指標としても使えるのですが、新しい要因としてdirectが増加している場合があるようです。

(direct)増加の原因はスマートフォン?

その原因はスマートフォンからのアクセスです。スマートフォンからのアクセスは利用端末のOS、ブラウザー、検索エンジンのパターンによっては通常にキーワード検索してもノーリファラー(参照元なし)としてdirectにカウントされてしまうことがあります。またアプリからのアクセスもdirectにカウントされることが多いようです。
ただしスマートフォンが急速に普及しているといってもスマートフォンで検索、アクセスされる割合はサイト種類によって異なります。教育、学校系のサイトだと50%を超えていたり製造業系のサイトだとまだ10%いかなかったりします。(direct)の増加の一因としてはスマートフォンからの検索の増加も考えられますが、リピーターが増えたり、メルマガアプローチが成功したりといった理由も考えられるので自社のサイトはそれに当てはまるのかどうか更に細かく見ていく必要があります。(メルマガやQRコードは工夫することで(direct)以外として計測することもできます。)
参考:何が原因?「ノーリファラー(参照元なし)」の値が増える理由
Posted by Nakagawa

Related Posts

スラック(slack)のバックアップは取れる?

スラック(slack)のバックアップは取れる?

先日スラック(slack)の仕様が変更されるとお伝えしましたが、できれば費用をかけずに無料で使い続けたいという方もいるかと思います。とりあえずは90日分は閲覧できるのでバックアップをとっておいて、タイミングの時に有料化するのも方法かもしれません。 それではスラック(slack)でバックアップをとることはできるのでしょうか。 結論としては不可能ではないが、難しいケースが多いという形です。 スラック(slack)の仕様変更に注意 無料の履歴は90日まで プランによりエクスポート可能なデータは異なる...

至急BitLocker回復バックアップキーの取得を。Windows11で不具合発生中!?

至急BitLocker回復バックアップキーの取得を。Windows11で不具合発生中!?

Windows11のパソコンを使用されている方は要注意です。 Windows向けの更新プログラム「KB5012170」で現在問題が発生しており、最悪パソコンがロックされて初期化以外復旧ができなくなってしまうことがあるので事前の対策を取りましょう。 手動更新している場合はしばらく更新しないことをおススメします。 症状 BitLocker回復キーを求められる 普段と同じようにパソコンを使い、パソコンをシャットダウンし、翌日立ち上げると英語だらけの画面に。よくわからないので取り合えずOKやキャンセルを押すと、...

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...