(direct)ノーリファラーの増加の原因


グーグルアナリティクスでトラフィックを調べてみると一番多い項目は何でしょうか?業種やホームページの使い方にもよりますが、
サイト内キーワードが豊富なサイトはgoogle / organicやyahoo / organic、
求人サイトなどに登録している場合はhatalike.jp / referralやtenshoku.mynavi.jp / referral、e-aidem.com / referralなど、
リスティング広告に力を入れているサイトはgoogle / cpc、
リピーターが多いサイトは(direct) / (none)のトラフィック量が多いことかと思います。

(direct)とは

(direct)とはノーリファラー(参照元なし)という意味で、検索サイトや他のサイトのリンク(リファラー)からたどってきた情報がないことを意味します。ではどういう場合にそう記録されるかというと
お気に入り、ブックマークから訪れた場合
直接URLを入力した場合
メルマガに記載されているURLをクリックした場合
QRコードから訪れた場合
などがあげられるのですが最近(direct)のアクセスが全体として伸びてきているようです。お気に入りからのアクセスもdirectに記載されることからも分かるようにリピータ、ファン数の判断指標としても使えるのですが、新しい要因としてdirectが増加している場合があるようです。

(direct)増加の原因はスマートフォン?

その原因はスマートフォンからのアクセスです。スマートフォンからのアクセスは利用端末のOS、ブラウザー、検索エンジンのパターンによっては通常にキーワード検索してもノーリファラー(参照元なし)としてdirectにカウントされてしまうことがあります。またアプリからのアクセスもdirectにカウントされることが多いようです。
ただしスマートフォンが急速に普及しているといってもスマートフォンで検索、アクセスされる割合はサイト種類によって異なります。教育、学校系のサイトだと50%を超えていたり製造業系のサイトだとまだ10%いかなかったりします。(direct)の増加の一因としてはスマートフォンからの検索の増加も考えられますが、リピーターが増えたり、メルマガアプローチが成功したりといった理由も考えられるので自社のサイトはそれに当てはまるのかどうか更に細かく見ていく必要があります。(メルマガやQRコードは工夫することで(direct)以外として計測することもできます。)
参考:何が原因?「ノーリファラー(参照元なし)」の値が増える理由
Posted by Nakagawa

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...