インターネット広告の規模とその種類


(転載元:http://www.youtube.com/watch?v=_M-8QdqHiA0)
タブレット端末やスマートフォンの普及によりPCが無くてもインターネットに触れられるようになった近年、広告主がそこにかける広告費というのも年々増してきています。電通の調査によると2012年の総広告費5兆8913億円の内インターネット広告費は8680億円にもなるといわれています。(内広告制作費2051億円)
参考:インターネット広告 
ではインターネット広告にはどんな種類があるのでしょうか?サービス名称や配信形態など様々ですが、主に広告の形状配信方法課金方法の3つの観点から分類できます。

形状による分類

形状により分類すると、バナー広告テキスト広告メール広告リッチメディア広告などに分けることができます。バナー広告は画像を使った広告で様々なサイズがあります。メール広告にもテキストだけの広告、画像なども表示できるHTMLメール広告などがあります。リッチメディア広告は幅が広いですが、youtube上に出てくる動画広告や、Yahooのページなどでおなじみのページ上でアニメーションが動いたりするようなフローティング広告、マウスオーバーすると大きくなるエキスバンド広告などが含まれます。

配信方法による分類

配信方法で分類するとユーザーの属性(性別、年齢、地域等)によって配信を制限したり予算比率を変化させるデモグラフィックターゲティング広告。ユーザーの閲覧、検索履歴などから特定のジャンルに興味関心を持つ顧客に絞って広告を配信する行動ターゲティング広告。検索キーワードに連動して広告が表示される検索連動型広告(リスティング広告)。ページコンテンツと関連性が高い広告を表示するコンテンツ連動型広告などがあります。

課金方法による分類

また、課金方法で分類するとクリックされることで課金が発生するクリック課金型広告(PPC広告)、クリックではなく1000回辺りの表示など広告の表示回数に応じて課金されるインプレッション保証型広告、アフィリエイトなど一定の成果が生じた時に発生する成功報酬型広告、特定期間表示される期間保証型広告などがあります。
ターゲットや商品、予算、ブランディングをメインとするのか、実際の成果をメインとするのかなどによっても最適な広告手法は変わってきますので幅広い検討が必要です。また近年ではOtoO(オンラインtoオフライン)としての広告手法も広まってきています。
Posted by Nakagawa

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...