インターネット広告の規模とその種類


(転載元:http://www.youtube.com/watch?v=_M-8QdqHiA0)
タブレット端末やスマートフォンの普及によりPCが無くてもインターネットに触れられるようになった近年、広告主がそこにかける広告費というのも年々増してきています。電通の調査によると2012年の総広告費5兆8913億円の内インターネット広告費は8680億円にもなるといわれています。(内広告制作費2051億円)
参考:インターネット広告 
ではインターネット広告にはどんな種類があるのでしょうか?サービス名称や配信形態など様々ですが、主に広告の形状配信方法課金方法の3つの観点から分類できます。

形状による分類

形状により分類すると、バナー広告テキスト広告メール広告リッチメディア広告などに分けることができます。バナー広告は画像を使った広告で様々なサイズがあります。メール広告にもテキストだけの広告、画像なども表示できるHTMLメール広告などがあります。リッチメディア広告は幅が広いですが、youtube上に出てくる動画広告や、Yahooのページなどでおなじみのページ上でアニメーションが動いたりするようなフローティング広告、マウスオーバーすると大きくなるエキスバンド広告などが含まれます。

配信方法による分類

配信方法で分類するとユーザーの属性(性別、年齢、地域等)によって配信を制限したり予算比率を変化させるデモグラフィックターゲティング広告。ユーザーの閲覧、検索履歴などから特定のジャンルに興味関心を持つ顧客に絞って広告を配信する行動ターゲティング広告。検索キーワードに連動して広告が表示される検索連動型広告(リスティング広告)。ページコンテンツと関連性が高い広告を表示するコンテンツ連動型広告などがあります。

課金方法による分類

また、課金方法で分類するとクリックされることで課金が発生するクリック課金型広告(PPC広告)、クリックではなく1000回辺りの表示など広告の表示回数に応じて課金されるインプレッション保証型広告、アフィリエイトなど一定の成果が生じた時に発生する成功報酬型広告、特定期間表示される期間保証型広告などがあります。
ターゲットや商品、予算、ブランディングをメインとするのか、実際の成果をメインとするのかなどによっても最適な広告手法は変わってきますので幅広い検討が必要です。また近年ではOtoO(オンラインtoオフライン)としての広告手法も広まってきています。
Posted by Nakagawa

Related Posts

スラック(slack)のバックアップは取れる?

スラック(slack)のバックアップは取れる?

先日スラック(slack)の仕様が変更されるとお伝えしましたが、できれば費用をかけずに無料で使い続けたいという方もいるかと思います。とりあえずは90日分は閲覧できるのでバックアップをとっておいて、タイミングの時に有料化するのも方法かもしれません。 それではスラック(slack)でバックアップをとることはできるのでしょうか。 結論としては不可能ではないが、難しいケースが多いという形です。 スラック(slack)の仕様変更に注意 無料の履歴は90日まで プランによりエクスポート可能なデータは異なる...

至急BitLocker回復バックアップキーの取得を。Windows11で不具合発生中!?

至急BitLocker回復バックアップキーの取得を。Windows11で不具合発生中!?

Windows11のパソコンを使用されている方は要注意です。 Windows向けの更新プログラム「KB5012170」で現在問題が発生しており、最悪パソコンがロックされて初期化以外復旧ができなくなってしまうことがあるので事前の対策を取りましょう。 手動更新している場合はしばらく更新しないことをおススメします。 症状 BitLocker回復キーを求められる 普段と同じようにパソコンを使い、パソコンをシャットダウンし、翌日立ち上げると英語だらけの画面に。よくわからないので取り合えずOKやキャンセルを押すと、...

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...