レンタルサーバーとは

No Tags | ブログ · マーケティング · ワードプレス


ホームページを制作したり、メールを使用する際に必ず必要となってくるのがサーバーと呼ばれるものです。サービスも色々あるので聞き慣れない方だとそれが何なのか、どう違うのか分かりにくいかもしれません。ホームページを建物に例えるならウェブサーバーは土地といった感じでしょうか?ウェブサーバー以外にも、メールサーバー、DNSサーバー、DHCPサーバー、データベースサーバー、ファイルサーバーなどがありますが今回はウェブサーバーを取り上げます。

レンタルサーバーとハウジング

外部のデータセンターで管理しているサーバーを利用するのが、レンタルサーバー(ホスティング)。社内に機材を持ち込み管理するのがハウジングになります。既存の機材を利用するレンタルサーバーに比べ持ち込みの機材や構成を柔軟に対応できるハウジングの方が高価になります。

専用サーバー、共有(共用)サーバー、

サーバーを1台丸ごとレンタルするのが専用サーバー、他社など複数のユーザーと1つのサーバーを共同利用するものを共有サーバーといいます。サービスの提供会社によって内容の違いはあれど基本的に、専用サーバーは高いがその分自由度が高く、共有サーバーは安いが自由度が低いという点があります。ビルやマンションをイメージすると良いかもしれません。専用サーバーはビルの全て。全部の部屋が使える為、内装を変更したりワンフロアぶち抜きにしたりしても誰も文句も言わず自由に使えます。その点共有サーバーはビルの1室なので自由にできることも限られ、また両隣からの影響を受けたりもし易いです。

サーバーの違い。選び方ポイント

サーバーによって値段もピンキリですが、どういった所で違いが出てくるのでしょうか?主な点ご紹介します。

  • ・サイトの表示速度(レスポンス)
  • →一概には言えませんが、低価格なサーバーだとレスポンスが悪くなる場合があります。

  • ・独自ドメイン使用の可否。
  • →低価格なサーバープランでは独自ドメイン使用でなく、レンタルサーバー業者が管理しているサブドメイン使用のプランなどもあります。ブランドや後々の運用なども考えたら独自ドメイン使用がオススメです。

  • ・ディスク容量、メールアドレス数
  • →使用シーンを想定して最適なプランを選ぶことが大切です。

  • ・オリジナルCGI、スクリプト言語php等が対応しているかどうか
  • →問い合わせのフォームやカレンダーなど通常のページと違った部分はCGIやphpでの対応になります。

  • ・データベース(MySQL等)が対応しているかどうか
  • →データベースに対応していると価格順、品名で並べ替え、商品カテゴリで検索といったこと等がホームページ上で行えます。

  • ・ワードプレス等のCMSを使用する場合、その要件を満たしているかどうか。
  • →最近では必須とも言えるCMS。ワードプレス3.2~3.6だとPHP バージョン 5.2.4 以上、MySQL バージョン 5.0 以上など動作環境要件があります。

  • ・サポート体制
  • →緊急の場合電話対応もありだと便利です。

参考:レンタルサーバー選び

ホームページとサーバー管理

たまに、お客様から「サーバーは既に契約している所があるのでそちらを使ってホームページを作成、運用して下さい」といったお話を頂くことがあります。料金面であったり、しがらみがあったりするのでそういったお話を頂くのですが、基本的には弊社の方で用意させて頂いたサーバーでの運用管理をさせて頂いています。というのも上述のようにサーバーによって機能内容が様々でCMS構築などに最低限必要な要件が満たされていなかったり、問題があった際、ホームページに問題があるのか、サーバーに問題があるのか等の切り分けが難しかったり、単純に管理の分散の問題であったり、CMSのバージョンアップ時の対応であったりします。ご理解頂ければ幸いです。
Posted by Nakagawa