独自ドメインと商標

2013年9月27日

ホームページを持つ時に必ず必要となってくるのがドメインです。覚えてもらいやすいように特徴的なドメイン名を取得したりと色々と悩ましいものです。
最近ではドメインを直接打ち込むよりもキーワードでサイト名などを検索することの方が多くなっているためあまり意識しないものですが、ホームページのブランド化という意味では大切です。ドメインでも.com、.jp、.co.jpなど種類がたくさんあり、プロバイダーが提供しているドメインを使用したり、サブドメインを使用したりとありますが、ブランドや今後の運用を考えたら独自ドメインを取得するのがオススメです。 

ドメインと商標

同じドメイン名を重複して取得することはできないので原則早く取ったもの勝ちです。それでは例えば商標に使われているような名前を全く関係ない第三者がドメインとして取得する場合どうなるのでしょうか?法律的な解釈でいえば、不正競争防止法や商標法に抵触する場合があり損害賠償請求をされたり、WIPO(世界知的所有権機関)でUDRP(統一ドメイン名紛争処理方針)手続きを取られると強制移転させられる場合もあります。
ただ、対象のドメインに損害を与えている、或いは、その恩恵によって利益を得ている場合など状況によるのでフィッシング目的など悪意を持って取得したりする以外は特に意識する必要はないかもしれません。また商標を取った際には事前に関連ドメイン(.com,.net,.jp 等)を全て押さえておくというのもトラブル回避の方法です。
参考:ドメインの登録で注意すべきこと
Posted by Nakagawa

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...