アドワーズとアナリティクスでデータが異なる場合

2013年8月25日

グーグルアドワーズを利用している場合、アドワーズの管理画面だけでも有益なデータを取得分析できますが、グーグルアナリティクスと連動されることにより、更に深い分析が可能になります。上手く連動設定を行いいざ分析!といった時にアドワーズとアナリティクスでクリック数と訪問数など同じような指標でもデータの差異がある場合があります。何故両者で違いが出てくるのか。混乱しない為にも主な事例ご紹介致します。

期間設定

基本ですが、比較対象の期間は同じでしょうか?カレンダー設定確認下さい。また、アメリカ標準時になっているという場合もあるので注意。連動設定がアドワーズスタート後だった場合も差異が生じます。

クリック数と訪問数の定義が異なる

アドワーズのクリック数とアナリティクスの訪問数。同じように捉えがちですが、実際には定義が異なる為ブラウザを閉じることなく同じ方法(広告クリック→戻る→広告クリック等)で30分以内に2回サイトに訪れた場合アナリティクスでは1訪問と見なされますが、アドワーズでは2回のクリックとして記録される場合があります。

無効なクリックの除外

アドワーズでは不正、無効なクリックによる課金を防ぐため第三者が広告主の費用を増加させる目的でクリックした場合自動的に無効なクリックとしてデータから除外されますが、アナリティクスではこれらのクリックも訪問数としてカウントするので差異が生じる場合があります。

ランディングページにトラッキングコードが入っていない

リスティング広告の場合、既存のページをランディングに指定する以外にも新規でランディングページを立ち上げることがよくあります。そんな時従来のトラッキングコードを新しいページに入れ忘れているとアナリティクス側で記録されなくなってしまいます。

ユーザーのブラウザ設定の問題

グーグルアナリティクスではJavascript と画像表示を有効にしているユーザーの訪問のみが記録されます。無効にしている場合、アドワーズでクリックが記録されますが、アナリティクスで訪問は記録されません。

ブックマーク、お気に入りからの再訪

アドワーズの広告をクリックして訪問した場合、「gclid」というパラメーターがランディングページのURLに負荷されます。(例、www.example.com/?gclid=123xyz)ランディングページをそのままブックマークに登録し、ブックマークから再訪した場合アナリティクスではアドワーズからの訪問と記録されますが、アドワーズでクリック(2回目以降)が記録されることはありません。
その他にも事例がありますので詳しくはヘルプをご覧ください。
参考
AdWords とアナリティクスでウェブサイトのデータに矛盾がある
Posted by Nakagawa

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...