ランディングページ。スクロール計測で直帰を分析

ランディングページという言葉をご存じでしょうか?意味としては最初に着地、見られるページです。企業ページでは多くはトップページの割合が高いですが、サービスページなどもランディングページになりえます。ただ、今回ご紹介したいランディングページはリスティング広告用の一枚完結型ランディングページです。一般的特徴としてはページ内にメニューなどを作らず縦長に画像や文章を使って構成し、最後に申し込みや問い合わせといったゴールがある形です。

ランディングページメリット

一枚完結型ランディングページは上から下へ訪問者に迷わすことなくメッセージを伝えることができます。また複雑なページ構成やシステム構築がいらないため制作までの期間やコストが抑えられるというメリットもあります。

ランディングページデメリット

一枚だけのページでは誘導力が弱いため、リスティング広告など他の手段で訪問者を誘導する必要があります。また、一枚完結にしてしまうとGoogleアナリティクスでアクセス解析した際に問い合わせなどのアクション以外は全て直帰として計測されてしまい、上から下へと長い時間滞在し最終的に離脱したのか、最初の画面ですぐに離脱してしまったのか判断することができません。スクロールもせず最初の画面で離脱するということはそもそも訪問者とページ内容がマッチしていないことになりページ内容や誘導方法を見直す必要があるのでスクロールしているか、していないかは重要な判断材料になります。

スクロールを計測し直帰と分ける方法

通常ではスクロールしてもしなくても全て直帰として判断されてしまいますが、下記スクリプトを<スクリプト>タグの間に挿入追加することでイベントトラッキングにおいて分けて分析することができます。
参考:スクロールしたかしないかによって直帰率を調べる方法
var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push([‘_setAccount’, ‘UA-*****-1’]);
window.addEventListener ?
window.addEventListener(‘scroll’, testScroll, false) :
window.attachEvent(‘onscroll’, testScroll);
var scrollCount = 0;
function testScroll() {
++scrollCount;
if (scrollCount == 2) {
_gaq.push([‘_trackEvent’, ‘window’, ‘scrolled’]);
}
};
Posted by Nakagawa

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...