ランディングページ。スクロール計測で直帰を分析

ランディングページという言葉をご存じでしょうか?意味としては最初に着地、見られるページです。企業ページでは多くはトップページの割合が高いですが、サービスページなどもランディングページになりえます。ただ、今回ご紹介したいランディングページはリスティング広告用の一枚完結型ランディングページです。一般的特徴としてはページ内にメニューなどを作らず縦長に画像や文章を使って構成し、最後に申し込みや問い合わせといったゴールがある形です。

ランディングページメリット

一枚完結型ランディングページは上から下へ訪問者に迷わすことなくメッセージを伝えることができます。また複雑なページ構成やシステム構築がいらないため制作までの期間やコストが抑えられるというメリットもあります。

ランディングページデメリット

一枚だけのページでは誘導力が弱いため、リスティング広告など他の手段で訪問者を誘導する必要があります。また、一枚完結にしてしまうとGoogleアナリティクスでアクセス解析した際に問い合わせなどのアクション以外は全て直帰として計測されてしまい、上から下へと長い時間滞在し最終的に離脱したのか、最初の画面ですぐに離脱してしまったのか判断することができません。スクロールもせず最初の画面で離脱するということはそもそも訪問者とページ内容がマッチしていないことになりページ内容や誘導方法を見直す必要があるのでスクロールしているか、していないかは重要な判断材料になります。

スクロールを計測し直帰と分ける方法

通常ではスクロールしてもしなくても全て直帰として判断されてしまいますが、下記スクリプトを<スクリプト>タグの間に挿入追加することでイベントトラッキングにおいて分けて分析することができます。
参考:スクロールしたかしないかによって直帰率を調べる方法
var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push([‘_setAccount’, ‘UA-*****-1’]);
window.addEventListener ?
window.addEventListener(‘scroll’, testScroll, false) :
window.attachEvent(‘onscroll’, testScroll);
var scrollCount = 0;
function testScroll() {
++scrollCount;
if (scrollCount == 2) {
_gaq.push([‘_trackEvent’, ‘window’, ‘scrolled’]);
}
};
Posted by Nakagawa

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...