グーグルアナリティクスのアクセス元地域分析

グーグルアナリティクスの分析指標の一つにアクセス元地域分析というものがあります。ワールドワイドに展開している企業でしたら大陸別データ、国/地域データ(Japan,UnitedStates等)なども気になる所でしょうが多くの方が目にするのは市区町村別データだと思います。業態やサービスによってもその利用価値は異なりますが、全国規模で季節物製品の物販をしている企業さんなどでしたら過去のデータを分析することにより、月と地域によってアクセスの質が異なっていることにも気づくでしょう。そのデータを元に集中的にキャンペーンを行ったり、売り上げを補完する為に新サービスの展開などの判断材料になるでしょう。ただ、市区町村単位で細かくなり過ぎるのでしたら都道府県別に分析することもお勧めします。

参考:グーグルアナリティクス 県別分析

さてこういった便利に使える地域データですが、何故このようにユーザーの地域まで分析することができるのでしょうか?またその精度はどの程度のものなのでしょう?結論から申し上げるとIPアドレスを元に判断し高い精度で分析することができます。

IPアドレスによる分析

ユーザーがネットに接続する際にISP(インターネットサービスプロバイダー)によってIPアドレスが割り当てられます。IPアドレスはインターネット上の住所のようなものですが、実際にISP毎に割り当てがある程度決まっているのでIPアドレスのエリア情報データベース(参考:SURFPOINT)と照らし合わせることにより市区町村単位までの分析が可能になります。

IPアドレスによる分析の精度

但し、100%正確か?というとそうでもなくデータベース自体の精度の問題やプロキシ、VPNを経由したアクセスなどでは別のエリアからのアクセスだと判断されてしまうことがあります。

参考:プロキシサーバーの役割
100%ではありませんが、地域性を取り入れたサービスの場合は参考にしたいデータです。
Posted by Nakagawa

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...