モバイルサイト(スマホサイト)とPC用サイトのコンテンツは同じにすべき!?

2013年5月9日

モバイルサイトとPCサイトのコンテンツ

スマホの普及に伴いホームページの利用シーンも多彩になってきています。今まではデスクトップやノートPCの広い画面の前で落ち着いて閲覧していたのが移動中やちょっとした空き時間でもスマホを利用してホームページにアクセスできるようになってきています。ホームページの制作、管理者側もスマホ対策としてスマホ専用のページを作ったり、スマホ用表示とPC用表示を切り替えられるようにしたり、閲覧する画面の幅に合わせて自動的に表示を変更してくれるレスポンシブデザインを採用したりと様々です。その中で今回はモバイルサイト(主にスマホサイト)とPC用サイトのコンテンツは同じにすべきかという問題についてです。

モバイルサイトは表示エリアが限られるため必要最小限な情報だけ載せ見やすくすればよい、とも考えがちですがBaymard Instituteの発表によるとモバイルサイトでもEC系のネットショップサイトの場合、ユーザビリティの観点からPCサイト同様のコンテンツを掲載すべきで内容を省略するべきでないとのことです。
参考:M-Commerce Usability Report

ユーザビリティ

ユーザビリティとは簡単にいうとサイトの使い勝手のことです。例えば目的の商品がすぐに見つかったり、探したい情報がすぐ見つかる設計のサイトはユーザビリティが良いサイト、逆にフルフラッシュで見た目はカッコいいけれどメニューがどこにあるか分からなかったり目的のページに行くまでに複数ページを経ないとたどり着けないサイトはユーザビリティが良いと言えません。このためスマホ用サイトのユーザビリティをよくするために商品数を限って掲載したり、ヘルプページを必要なものに限って掲載した場合、Baymard Instituteの調査によると更にユーザビリティが悪くなってしまったとのことです。

具体的には、全ての商品を探そうとしたり、分からないことをヘルプページから探そうとしたのですがその内容がサイト内にあるかないか分からないまま探していたり、あるはずだと勘違いして探すことにより結果的に長時間かけても目的を果たすことができない結果になったそうです。これらの問題を解決するにはモバイルサイトと言えどもコンテンツの省略は行わない方が良いということです。

それではその中でユーザビリティを向上させるにはどうすれば良いでしょうか?方法としてはボタンサイズを工夫しクリックし易くしたり、商品詳細なども「詳しくはこちら」などの形で最初の画面では表示させず、それをクリックすると詳細ページが帯状に広がる形にするなどがあります。また、運用面や制作面を考えた場合ユーザビリティにも配慮したレスポンシブデザインでサイト構築するのも方法です。

参考:  

Related Posts

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

ここ数年SDGs(エス・ディー・ジーズ)が盛んに取り上げられていますが、SDGsの取り組みによって優秀な人材獲得を目指しましょう。 SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGsは国連が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示した2016年から2030年までの国際的な持続可能な開発目標です。 アルファベットそのままに読むとエス・ディー・ジー・エスになりますが、Sustainable Development Goalsの略であり最後はジーエスでなくジーズと呼ぶのが正しいです。...

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者の方は最大30万円の一時支援金が受けられる可能性があるのでご紹介です。 原油価格や原材料価格高騰等への対策として、売上の減少した中小法人・個人事業主等の事業継続を支援するため最大30万円の兵庫県中小企業等原油価格・物価高騰対策一時支援金が受給可能です。 返還義務はありませんが、要件に該当しない、不正受給などはもちろん返還対象となるのでお気をつけ下さい。 対象 ①次の「ア」または「イ」を満たすこと ア 国の事業復活支援金を受給していること (対象月:令和3年11月分から令和4年3月分までのいずれかの月)...