モバイルサイト(スマホサイト)とPC用サイトのコンテンツは同じにすべき!?

2013年5月9日

モバイルサイトとPCサイトのコンテンツ

スマホの普及に伴いホームページの利用シーンも多彩になってきています。今まではデスクトップやノートPCの広い画面の前で落ち着いて閲覧していたのが移動中やちょっとした空き時間でもスマホを利用してホームページにアクセスできるようになってきています。ホームページの制作、管理者側もスマホ対策としてスマホ専用のページを作ったり、スマホ用表示とPC用表示を切り替えられるようにしたり、閲覧する画面の幅に合わせて自動的に表示を変更してくれるレスポンシブデザインを採用したりと様々です。その中で今回はモバイルサイト(主にスマホサイト)とPC用サイトのコンテンツは同じにすべきかという問題についてです。

モバイルサイトは表示エリアが限られるため必要最小限な情報だけ載せ見やすくすればよい、とも考えがちですがBaymard Instituteの発表によるとモバイルサイトでもEC系のネットショップサイトの場合、ユーザビリティの観点からPCサイト同様のコンテンツを掲載すべきで内容を省略するべきでないとのことです。
参考:M-Commerce Usability Report

ユーザビリティ

ユーザビリティとは簡単にいうとサイトの使い勝手のことです。例えば目的の商品がすぐに見つかったり、探したい情報がすぐ見つかる設計のサイトはユーザビリティが良いサイト、逆にフルフラッシュで見た目はカッコいいけれどメニューがどこにあるか分からなかったり目的のページに行くまでに複数ページを経ないとたどり着けないサイトはユーザビリティが良いと言えません。このためスマホ用サイトのユーザビリティをよくするために商品数を限って掲載したり、ヘルプページを必要なものに限って掲載した場合、Baymard Instituteの調査によると更にユーザビリティが悪くなってしまったとのことです。

具体的には、全ての商品を探そうとしたり、分からないことをヘルプページから探そうとしたのですがその内容がサイト内にあるかないか分からないまま探していたり、あるはずだと勘違いして探すことにより結果的に長時間かけても目的を果たすことができない結果になったそうです。これらの問題を解決するにはモバイルサイトと言えどもコンテンツの省略は行わない方が良いということです。

それではその中でユーザビリティを向上させるにはどうすれば良いでしょうか?方法としてはボタンサイズを工夫しクリックし易くしたり、商品詳細なども「詳しくはこちら」などの形で最初の画面では表示させず、それをクリックすると詳細ページが帯状に広がる形にするなどがあります。また、運用面や制作面を考えた場合ユーザビリティにも配慮したレスポンシブデザインでサイト構築するのも方法です。

参考:  

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...