誰もが1度は経験する悲劇!を防ぐため 秀丸エディタ自動保存設定

2013年5月8日

ホームページバックアップにおすすめ秀丸エディタ

ホームページのバックアップツールとしてお勧めするのが秀丸エディタです。文字コード等も変更できるためHTMLやCSSを保存する際には重宝します。
秀丸エディタ
ただ、1点デフォルト設定では起こりうる悲劇があります。それは、内容保存する前にPCが落ちてしまって数十分、数時間かけたデータが消滅してしまうこと・・・。ブルースクリーンの悲劇は秀丸エディタに限ったことではありませんが、普段Wordなどに慣れていたら最後の最後まで保存し忘れることも。(Wordは自動保存復活ができます。)

動作環境の設定で自動保存

但し、悲劇も設定次第で回避することができるのでご紹介します。

上部メニュー
→その他
→動作環境
→上級者向け設定にチェックをいれる
→ファイルをクリック
→自動保存
→指定フォルダに自動保存するチェック。任意のフォルダ選択
→更新回数(編集を加えた回数)、遅延時間(キー入力のブランク時間)を設定します。
例として更新回数1回、遅延時間6秒に設定した場合は一度編集を加え、かつ6秒以上秀丸で文字入力を行わなかった場合自動で指定フォルダにバックアップファイルが生成されます。せっかく長い文章作ったのに保存前に消えた・・・という悲劇に合わないためにも是非設定をしてみて下さい。
ちなみに正しく保存終了されたらバックアップファイルは残りません。
Posted by Nakagawa

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...