Analytics。リンク元のURLが知りたい!そんな時(基本編)

2013年5月4日

こちらは過去の記事になります。
最新情報は下記をご参照下さい。

最新:Googleアナリティクスで参照サイト(リンク元)の調べ方

基本編

色々なサイトに自社ホームページのリンクを張ってもらい順調にアクセス数も伸びてきました。そんな時に気になるのが実際にはどこからのサイトからのアクセス数が多いか?質が高いか?ということでしょう。そんな時にはアナリティクスのトラフィック項目を調べてみましょう。


左サイドメニューから
トラフィック
→参照元
→すべてのトラフィック
を選択すればOKです。一番多く出てくる項目としてはyahoo/organicやgoogle/organicでしょう。これらは検索エンジンからの訪問者のデータを示しています。さて注目のリンクからの訪問は○○/referralという項目になります。○○のドメインからリンクを張られ訪問した人たちのデータを示しています。便利なグーグルアナリティクスですがただ、1つ欠点としてはドメインレベルまでしかリンク元が分からず実際にどのページから飛んできたかなどが分からないということです。訪問者の質を管理する上でもサイトの内容だけでなく、リンク元ページの内容も把握したい所です。
基本編では満足できない!リンク元のフルパスを知りたい!方は
Analytics。リンク元のURLが知りたい!そんな時(応用編)をご覧ください。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。