どのバナーが一番効果的?複数バナーからのアクセスを効果的に測定

2013年5月7日

前回どのサイト、どのページからホームページに来訪したかをグーグルアナリティクスで計測する方法をご紹介しました。
参考:Analytics。リンク元のURLが知りたい!そんな時(応用編)
参考:Analytics。リンク元のURLが知りたい!そんな時(基本編)
今回は1つ進んで自社ホームページ内のどのバナー、リンクから目的ページに来訪したかを計測する方法をご紹介します。

たとえば今までグローバルメニュー(ページ上のメインメニューのこと)からしか行けなかったページをもっと見てもらうため、新しくトップページにバナーを設置し誘導経路を作ったとします。この場合、グーグルアナリティクスの基本設定ではグローバルメニューから目的のページに訪れたのか、それとも新しく設置したバナーから訪れたのか計測することができません。結果的に目的のページへの来訪者が増えたとしても単純にバナー効果と言えない所があります。

そこで今回ご紹介する方法がグーグルのurl生成ツールを利用する方法です。これを利用することによりABテストや広告の成果測定などにも使えます。

生成方法

  • ①下記グーグルの生成ツールを開きます。
    URL 生成ツール
  • ②リンク先ページに使うURLを入力します。https://www.wasabi3.com/blog/
  • ③キャンペーンのソース、メディア、キャンペーン名を入力します。
    (これらは必須項目になります。後で分析しやすいように設定します。)
  • ④最後に送信を押してURLを生成します。
    生成後→
    https://www.wasabi3.com/blog/?utm_source=バナー誘導&utm_medium=バナー&utm_campaign=バナー1
  • ⑤生成されたURLをホームページのバナーのリンク先として設定します。
  • ⑥データがちゃんと取得されているか試しに2つの経路からクリックし確認します。アナリティクスで正確にデータが反映されるには時間差があるので設定後、24時間ぐらい経った後に確認するのが良いです。

アナリティクス確認方法

左サイドメニュー

トラフィック
→参照元
→検索
→キャンペーン
でキャンペーンをクリックすると計測結果が表示されます。

活用方法

今回はホームページ内でのバナーやメニューでの効果測定のご紹介でしたが、メールマガジンなどを発行している場合実際にそこからどれだけホームページに誘導することができたか、なども測定することができます。
参考サイト:Google AnalyticsとURL生成ツールでメルマガのレスポンスをチェックする方法

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...