どのバナーが一番効果的?複数バナーからのアクセスを効果的に測定

2013年5月7日

前回どのサイト、どのページからホームページに来訪したかをグーグルアナリティクスで計測する方法をご紹介しました。
参考:Analytics。リンク元のURLが知りたい!そんな時(応用編)
参考:Analytics。リンク元のURLが知りたい!そんな時(基本編)
今回は1つ進んで自社ホームページ内のどのバナー、リンクから目的ページに来訪したかを計測する方法をご紹介します。

たとえば今までグローバルメニュー(ページ上のメインメニューのこと)からしか行けなかったページをもっと見てもらうため、新しくトップページにバナーを設置し誘導経路を作ったとします。この場合、グーグルアナリティクスの基本設定ではグローバルメニューから目的のページに訪れたのか、それとも新しく設置したバナーから訪れたのか計測することができません。結果的に目的のページへの来訪者が増えたとしても単純にバナー効果と言えない所があります。

そこで今回ご紹介する方法がグーグルのurl生成ツールを利用する方法です。これを利用することによりABテストや広告の成果測定などにも使えます。

生成方法

  • ①下記グーグルの生成ツールを開きます。
    URL 生成ツール
  • ②リンク先ページに使うURLを入力します。https://www.wasabi3.com/blog/
  • ③キャンペーンのソース、メディア、キャンペーン名を入力します。
    (これらは必須項目になります。後で分析しやすいように設定します。)
  • ④最後に送信を押してURLを生成します。
    生成後→
    https://www.wasabi3.com/blog/?utm_source=バナー誘導&utm_medium=バナー&utm_campaign=バナー1
  • ⑤生成されたURLをホームページのバナーのリンク先として設定します。
  • ⑥データがちゃんと取得されているか試しに2つの経路からクリックし確認します。アナリティクスで正確にデータが反映されるには時間差があるので設定後、24時間ぐらい経った後に確認するのが良いです。

アナリティクス確認方法

左サイドメニュー

トラフィック
→参照元
→検索
→キャンペーン
でキャンペーンをクリックすると計測結果が表示されます。

活用方法

今回はホームページ内でのバナーやメニューでの効果測定のご紹介でしたが、メールマガジンなどを発行している場合実際にそこからどれだけホームページに誘導することができたか、なども測定することができます。
参考サイト:Google AnalyticsとURL生成ツールでメルマガのレスポンスをチェックする方法

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。