どのバナーが一番効果的?複数バナーからのアクセスを効果的に測定

2013年5月7日

前回どのサイト、どのページからホームページに来訪したかをグーグルアナリティクスで計測する方法をご紹介しました。
参考:Analytics。リンク元のURLが知りたい!そんな時(応用編)
参考:Analytics。リンク元のURLが知りたい!そんな時(基本編)
今回は1つ進んで自社ホームページ内のどのバナー、リンクから目的ページに来訪したかを計測する方法をご紹介します。

たとえば今までグローバルメニュー(ページ上のメインメニューのこと)からしか行けなかったページをもっと見てもらうため、新しくトップページにバナーを設置し誘導経路を作ったとします。この場合、グーグルアナリティクスの基本設定ではグローバルメニューから目的のページに訪れたのか、それとも新しく設置したバナーから訪れたのか計測することができません。結果的に目的のページへの来訪者が増えたとしても単純にバナー効果と言えない所があります。

そこで今回ご紹介する方法がグーグルのurl生成ツールを利用する方法です。これを利用することによりABテストや広告の成果測定などにも使えます。

生成方法

  • ①下記グーグルの生成ツールを開きます。
    URL 生成ツール
  • ②リンク先ページに使うURLを入力します。https://www.wasabi3.com/blog/
  • ③キャンペーンのソース、メディア、キャンペーン名を入力します。
    (これらは必須項目になります。後で分析しやすいように設定します。)
  • ④最後に送信を押してURLを生成します。
    生成後→
    https://www.wasabi3.com/blog/?utm_source=バナー誘導&utm_medium=バナー&utm_campaign=バナー1
  • ⑤生成されたURLをホームページのバナーのリンク先として設定します。
  • ⑥データがちゃんと取得されているか試しに2つの経路からクリックし確認します。アナリティクスで正確にデータが反映されるには時間差があるので設定後、24時間ぐらい経った後に確認するのが良いです。

アナリティクス確認方法

左サイドメニュー

トラフィック
→参照元
→検索
→キャンペーン
でキャンペーンをクリックすると計測結果が表示されます。

活用方法

今回はホームページ内でのバナーやメニューでの効果測定のご紹介でしたが、メールマガジンなどを発行している場合実際にそこからどれだけホームページに誘導することができたか、なども測定することができます。
参考サイト:Google AnalyticsとURL生成ツールでメルマガのレスポンスをチェックする方法

Related Posts

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

ここ数年SDGs(エス・ディー・ジーズ)が盛んに取り上げられていますが、SDGsの取り組みによって優秀な人材獲得を目指しましょう。 SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGsは国連が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示した2016年から2030年までの国際的な持続可能な開発目標です。 アルファベットそのままに読むとエス・ディー・ジー・エスになりますが、Sustainable Development Goalsの略であり最後はジーエスでなくジーズと呼ぶのが正しいです。...

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者の方は最大30万円の一時支援金が受けられる可能性があるのでご紹介です。 原油価格や原材料価格高騰等への対策として、売上の減少した中小法人・個人事業主等の事業継続を支援するため最大30万円の兵庫県中小企業等原油価格・物価高騰対策一時支援金が受給可能です。 返還義務はありませんが、要件に該当しない、不正受給などはもちろん返還対象となるのでお気をつけ下さい。 対象 ①次の「ア」または「イ」を満たすこと ア 国の事業復活支援金を受給していること (対象月:令和3年11月分から令和4年3月分までのいずれかの月)...