どのバナーが一番効果的?複数バナーからのアクセスを効果的に測定

2013年5月7日

前回どのサイト、どのページからホームページに来訪したかをグーグルアナリティクスで計測する方法をご紹介しました。
参考:Analytics。リンク元のURLが知りたい!そんな時(応用編)
参考:Analytics。リンク元のURLが知りたい!そんな時(基本編)
今回は1つ進んで自社ホームページ内のどのバナー、リンクから目的ページに来訪したかを計測する方法をご紹介します。

たとえば今までグローバルメニュー(ページ上のメインメニューのこと)からしか行けなかったページをもっと見てもらうため、新しくトップページにバナーを設置し誘導経路を作ったとします。この場合、グーグルアナリティクスの基本設定ではグローバルメニューから目的のページに訪れたのか、それとも新しく設置したバナーから訪れたのか計測することができません。結果的に目的のページへの来訪者が増えたとしても単純にバナー効果と言えない所があります。

そこで今回ご紹介する方法がグーグルのurl生成ツールを利用する方法です。これを利用することによりABテストや広告の成果測定などにも使えます。

生成方法

  • ①下記グーグルの生成ツールを開きます。
    URL 生成ツール
  • ②リンク先ページに使うURLを入力します。https://www.wasabi3.com/blog/
  • ③キャンペーンのソース、メディア、キャンペーン名を入力します。
    (これらは必須項目になります。後で分析しやすいように設定します。)
  • ④最後に送信を押してURLを生成します。
    生成後→
    https://www.wasabi3.com/blog/?utm_source=バナー誘導&utm_medium=バナー&utm_campaign=バナー1
  • ⑤生成されたURLをホームページのバナーのリンク先として設定します。
  • ⑥データがちゃんと取得されているか試しに2つの経路からクリックし確認します。アナリティクスで正確にデータが反映されるには時間差があるので設定後、24時間ぐらい経った後に確認するのが良いです。

アナリティクス確認方法

左サイドメニュー

トラフィック
→参照元
→検索
→キャンペーン
でキャンペーンをクリックすると計測結果が表示されます。

活用方法

今回はホームページ内でのバナーやメニューでの効果測定のご紹介でしたが、メールマガジンなどを発行している場合実際にそこからどれだけホームページに誘導することができたか、なども測定することができます。
参考サイト:Google AnalyticsとURL生成ツールでメルマガのレスポンスをチェックする方法

Related Posts

緊急事態宣言解除に伴う 電話受付について

この度、新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言は解除されましたが、2次感染拡大防止のため、従業員のリモートワークは継続して実施してまいります。 6月以降もお電話の受付は、緊急用の電話番号 もしくは 担当営業の携帯電話に直接おかけください。 なお、受話できずにお待たせしてしまう等ご不便をおかけする場合がございますが、ご理解を賜りますよう何卒よろしくお願い申しあげます。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。

ホームページ制作の担当は社長がやるべき!?

ホームページの担当は誰がなる? 今までホームページを持っていない企業にとってホームページを新規で立ち上げることは大きなチャレンジです。 企業によってはプロジェクトチームを立ち上げて入念に打ち合わせを重ねることもあります。 ここでよく議論になるのが担当(責任者)をどうするのかということです。 担当(責任者)ということで一番に浮かぶのは社長ですが、数百人規模の大会社になると社長が全てを担当することは不可能です。...