レンタルサーバーにSSLは、必要なのか

ホームページ制作のご提案中に、最近SSLの話題がよく出ます。
導入するにこしたことはありませんが、年間何十万と支払ってまでの必要はあるのでしょうか。
「お問い合わせを増やすには」や「ネットショップには必須」みたいな売り込みはありますが、それはほとんどがサーバー業者であったりSSLサービスを取り扱っている業者からの提案です。
弊社も通信事業者(届出番号: E-23-03517)として、レンタルサーバーをサービスの一つとしてご提供しております。
ドメイン込みで2,000円とネット販売だけで提供している業者さんにはさすがに料金面だけでは勝てませんが、強みはコンサルタントが付いてこの料金という所。
これがSSL対応となると、共有型SSLでも倍以上の料金になってしまいます。
そこで各コンサルタントから提案するのは、「クレジットカード情報を入力するなどでしたらSSLは必須でしょう。しかしながらASPとして色々な業者がカートシステムを提供されています。その全て、もしくはほとんどがSSLに対応したものを提供しております。その為、意識する必要はないのでは?」と話しています。
では、お問い合わせはどうでしょうか。
確認メールやメールのやりとりになると、通常メールは平文(暗号化されていない状態)で送受信をするので意味はほとんどないと思います。
(ネットショップの場合は、購入情報である配送先住所や名前、購入した商品などは全て平文です。自動返信で送られるメールにクレジットカード情報の記述がされているシステムは私は見た事がありません。)
SSLを導入するだけでお問い合わせが増える?なんて、本当にあるのでしょうか。
形に残らないもので問い合わせをしたい場合は、番号非通知で電話をかければよいのでは?
また、一般的にhttpsが付いてるかを意識している人が何人いるのでしょうか。
我々があまり意識していない所で、googleの検索でSSLが使われる様になりました。
参考:ChromeのGoogle検索がSSL化、(not provided)が増えキーワード取得がさらに困難に
by 海外SEO情報ブログ
http://www.suzukikenichi.com/blog/chrome-moves-to-ssl-search/
上記のブログには私も同感で、検索のキーワードのやり取りが暗号化される事はよいのですがクライアントに提出する「アクセスログレポート」に「(not provided)」が上位に入ってしまうことはなんとかしたいなと考えております。
結論は、なぜSSLが必要かを考え分からない事は業者の担当の方に質問する。
(回答がよくわからないのであれば他の業者に変える事をお勧めします。)
自分で調べて、費用対効果を考える。
技術的な事を理解しようとする努力がないならば、ネットショップの運営はやめた方がよいのでは?
Posted by Taro Miki

Related Posts

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...

今からでも遅くないテレワークのポイント

今からでも遅くないテレワークのポイント

2020年、新型コロナウイルス感染症の流行と共にテレワークが注目されました。 国や自治体も盛んに人流抑制によるテレワークの導入を訴えていましたが、実は感染症対策の為に2020年にぽっと出てきた単語でないのです。 実は2017年頃より政府が推進した「働き方改革」の一つにテレワークがうたわれていました。...

IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日(日本時間)に決定

IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日(日本時間)に決定

先日マイクロソフトからIE11のサポート終了期限が発表されました。2022年6月16日(日本時間) IE(Internet Explorer)はバージョンを変えながら長年Windowsの標準ブラウザだったこともあり、親しみが深い人も多いと思います。 そもそも詳しい人以外はインターネット=IEとして、その他のブラウザの存在を意識していない方も多いと思います。...