自分でできる簡単SEOチェック

2013年3月18日


SEO対策が重要なのは分かるけども、実際に自分のサイトが対策されているかどうか?簡単に分かる方法があるのでご紹介します。(実際のSEOチェックは数十の項目をチェックし一定期間を持って確認しないといけないのであくまで簡易版です。)

1.ドメイン検索

グーグルの検索窓を開き、「site:自分のサイトドメイン」を入力してみましょう。グーグルにインデックス(登録)されているページの検索結果が出てきます。新しいページだとまだインデックスされていないケースもありますが、長い間インデックスされない場合は上手く読み込まれていなかったり、Googleペナルティにかかっている可能性があります。
早くインデックスしてもらう方法としてGoogleウェブマスターツールからサイトマップを登録するという方法もあります。
また、ページのURLをチェックし「www」が付いている場合と付いていない場合が交じっていないかチェックします。混じっているならば両者は別々のサイトとグーグルが判断しSEO効果が薄れてしまうため正規化をする必要があります。
参考:wwwが付いたものと付いていないURLがサイト内に混在しています。統一するべきですか?

2.ブランド名、社名で検索してみましょう。

通常一番多く検索されるキーワードは自社のブランドや会社名です。このキーワードで検索した時に1番目に出るかチェックしましょう。1位に出ている場合はよくGoogleにも社名や、ブランド名が認知されているということです。1位に出ない場合は他の競合も調べてみましょう。クリニック関係の院名など、同じ名前が多い場合はすぐに勝つのは難しいかもしれませんが、常に気にしてみましょう。

3.SEOタイトルをチェック

社名、ブランド名で1位に表示されていないからといってSEO対策が出来ていないということではありません。まずは、自分のサイトではどのキーワードを最優先にしているかをチェックしてみましょう。
Google Chromeでしたらソースの表示、IEでしたらF12を押してみてトップページのtitle部分を確認してみましょう。もしこの部分に別のキーワードが入っておりそのキーワードでは上位に表示されている場合、SEO対策としてはできているということになります。
もし、社名やブランド名を優先するならばtitleを社名やブランド名を含めたキーワードに変更するのも一つの方法です。ただし、すぐに効果が出るものではないので数カ月様子を見る必要があります。
Posted by Nakagawa

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...