O2Oという言葉をご存じでしょうか?
何か、B2B(ビジネスtoビジネス),B2C(ビジネスtoコンシューマー)といった響きと似ていますね。
O2Oも略語で正式にはオンラインtoオフライン、オンライン(ネット上)での取り組みでオフライン(実店舗等)に影響を与える手法です。ここ数年で積極的に用いられるようになった表現ですが、その理由としてスマートフォンの普及や、SNSの広がり、各種サービスの充実などが挙げられます。
参考:O2Oの急増

活用例

では具体的にどういった手法があるのでしょうか?オンラインクーポンなどもO2Oの例です。オンライン上で会員登録や専用アプリをダウンロードすることによりお得なクーポンがスマートフォン等に届きます。利用者はそのクーポンをもって店頭で提示することにより割引や特典サービスが受けられる。といった具合です。

O2Oプラットフォーム「ショッぷらっと」

最近では2013年2月21日にNTTドコモがO2Oプラットフォーム「ショッぷらっと」を発表しました。今までは一つのお店でだけ使うことができるクーポンをダウンロードするという形でしたが、スマートフォンにショッぷらっと専用アプリをダウンロードすることで該当店舗を訪れると自動的にクーポンが表示され、そのクーポンをフリックしてチェックインすることでポイントが溜まっていき、その数などに応じて様々な特典を受けられるというサービスです。
ECサイトのようにオンライン上だけで完結させるサービスから実際に店頭などへも足を運んでもらうO2O。オンラインクーポンやアプリの開発によりこれからも広がっていくことが予想されますが、その逆もしかりです。

オフラインからオンラインへ

既に多くのユーザーやクーポン、アプリの仕組みがあれば問題ないですが、そこまでの規模が無い店舗などはどうすれば良いのでしょうか?まずはオフラインから如何にオンラインに持っていくかです。パンフレット、チラシ、ビラ、名刺、口コミ、広告、ホームページ閲覧特典割引等など色々な手法を使いまずは自社のホームページの存在を知ってもらうことから始めましょう!ホームページの存在を知ってもらうことで偶然のお客さんから必然のお客さんへと昇格させるチャンスを得ることができます。
定期的に新着のニュースやコラムを更新したり、内容を変えたりとリピートユーザーを増やし、その後はO2Oの仕組みを活用します。オンライン⇒オフライン、オフライン⇒オンラインと良い循環にしていくことが大切です。
Posted by Nakagawa

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...