効果がでるホームページ制作


ホームページを作ったからといって、すぐに効果が期待できるわけではありません。
実際、「ホームページを昔は持っていたけれど実際の売り上げは全く上がらず、効果がなかったのでやめてしまった」といった声を耳にしたことも少なくありません。
ホームページは単なるツールであり、作れば放置しても売れる、自動販売機ではありません。
ホームページではノウハウが全てです。
効果が見られないホームぺージや、後発でこれからホームページの制作をお考えの場合、更にノウハウが重要になります。
実店舗では近隣の似たようなショップが競合になりうるかと思いますが、ホームページで販売等をする場合、全国の同業者が競合となります。
そのため、作ってはみたけれど何をして良いのか分からず、売り上げが見込めない=ホームページで効果が出ないと解釈してしまいがちです。
インターネット上に掲載し、世界中の人がアクセス出来る、則ち知ってもらえる機会が増えるので売り上げが上がる、と考えてはなりません。
ホームページを活用した売れる仕組みがあるからこそ、効果が出るのです。
売れる仕組みがないホームページに、闇雲にお金をかけ続けてもなかなか商売には結びつきません。
ホームページの使い方をマスターし、すでに何年も効果をあげてきた先発企業に対抗出来る仕組みを作れた企業のみが生き残れる世界です。
作るだけで満足、自社のホームページの反応を気にしなくては、効果のでるホームページは期待できません。
また、「モノを売ること」以外が目的の場合やBtoB企業などの場合、ホームページというツールを使ってどのようなことをしたいか、目的をはっきりとさせる必要があります。
Posted by Fujita

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...