契約後にすることは?


ホームページ制作を業者委託する際、各制作会社のサービスや料金を比較こることと思います。
自分に合った制作会社や営業マンを見つけ、契約し、やっと一息…。
といいたいところですが、ホームページ担当者にとって一番労力がかかるのはこの契約後なんです。
とはいえ、制作会社により進め方もまちまちかもしれません。
FAQも兼ね、今回は弊社での制作の進め方、お客様へのお願いを記します。
ホームページを制作するにあたり、弊社ではお客様に3つのことをお願いしています。
1.競合となるウェブサイトは?
2.イメージするウェブサイトは?
3.ホームページ作成のための素材集め

1.競合となるウェブサイトですは、身近な同業他社や活動・サービス内容の似た「ライバル」を数社挙げていただきます。
SEOのキーワード等の分析に使用します。
2.イメージするウェブサイトは、ただ単に「好きなホームページ」と考えていただいて構いません。
勘違いされがちですが、全くの他業種でも構いません。
「ホームページ全体の色合いはこのサイトが好き」
「このサイトは見やすいし、わかりやすい」
「アパレルのイメージ写真だけれど、こんなアイキャッチ画像(サイトのメインとなる大きな画像)を作ってほしい」
など、複数挙げていただいて構いません。
ホームページ以外でも、雑誌や広告のビジュアルイメージを参考にすることもできます。お気に入りを教えてください。
また、「シンプルな」「高級感のある」「元気な」「大人っぽい」「信頼感のある」「硬い」「おしゃれな」など、イメージする形容詞をいくつかピックアップして頂くのも参考にしやすいです。
3.1と2はヒアリングで把握出来ることもありますが、今度は実際の作業となります。
「ロゴデータ」「掲載するテキストデータ(文章)」「イメージ(画像のデータ)」をまとめていただきます。
これら、制作に必要なデータがすべて揃ってからの着手(制作スタート)となるのが一般的です。
ここでお願いしたいのが、「データはある程度一気にもらいたい」ということと、「制作に必要な画像は絞ってほしい」ということです。
テキストはエクセルのタブなどを使い、ページごとの文章を頂けるとありがたいです。
画像も、カメラからSDを取り出しそのまま渡すのではなく、使用する画像を指定して欲しいです。
画像を切り抜いて使用する場合もありますので、画像サイズは大きいものが好ましいです。
新規でホームページを作る場合や内容の古いページを作り替える場合は3番の作業にかなり時間を費やすかと思います。
この文章で伝わるのか、内容が専門的すぎないか。
文章に合うような写真がうまくとれないという場合は、ライターやカメラマンをつけたり、雰囲気に合うような著作権フリーの写真素材をご用意することもできますのでご相談ください。
ページ数にもよりますが弊社では通常、必要な素材が揃ってから一か月後を納期で設定させて頂いております。
ホームページの早めの公開には、お客様のご協力が必要となります。二人三脚で頑張りましょう。
Posted by Fujita

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...