リマーケティング広告

グーグルアドワーズ リマーケティング

リマーケティングという言葉をご存じでしょうか?色々なサイトに訪れても何故か同じタイプのバナー広告をよく見かける・・・。これはいわゆるリマーケティング広告の可能性が高いです。
リマーケティング機能はグーグルアドワーズの広告配信方法の一つで、広告で一度でもサイトを訪れてくれた人に対して、その訪れ方に応じて広告を配信するという方法です。サイト全体にタグを設定し、Aページに訪れた人のリスト、Bページに訪れた人のリスト等と訪問者をリスト化し、それぞれに応じた広告を再度発信できます。

訪問ステップでのリスト化

具体的には、
トップページ⇒商品一覧ページ⇒商品カテゴリーページ⇒個別商品ページ⇒買い物カゴ⇒購入ステップ⇒購入完了。
といった一連の流れを仮定しますと、
商品カテゴリーページには訪れたけど、個別商品ページには来なかったAさん。購入ステップまでは進んだけど購入には至らなかったBさん。購入完了したCさんがいるとすると、
Aさんには同じ商品カテゴリ―の中で新商品が出た際にその商品告知の広告を、
Bさんには購入時の特典やお得キャンペーン情報を、
Cさんには購入した商品に関連した商品宣伝の広告を配信すること等ができます。

リマーケティング広告メリット

  • ・今まで複数の広告を用意していても全てのユーザーに均一に配信していた所を、ユーザーをセグメント化しそれぞれに最適な広告を配信することで無駄な出稿を抑えられ費用対効果を改善できます。
  • ・購入に至らなかった原因毎にセグメント化できるので、そこを補う広告を行うことで逃していたチャンスを得ることができます。

リマーケティング広告デメリット

  • ・同じユーザーに何度も広告を配信することにも繋がるので配信回数などを設定しておかないと無駄なクリック単価が発生したり、かえってネガティブな印象をユーザーに与えてしまいます。

購入ステップを想定し、リスト化、最適な広告を最適な回数配信するなど無駄な出稿を減らすには事前の準備が大切です。
Posted by Nakagawa

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...