ホームページ管理の"適正価格"とは?

2013年2月14日


ホームページ管理の適正価格とはいくらなのでしょうか。
あくまで「一般論」ではありますが、安い制作費用につられて決めた制作会社が、高い月極費用を請求してくる場合があります。
ここで言う「高い」とは数万円としておきましょうか。
もちろん、サイト規模や管理内容によっては「○万円」でも安い場合もあります。
大切なのは費用に見合った管理内容であるかどうか。
そして、だんだんとホームページ管理から手が離れて来た際に、管理費用を下げることが可能かどうかです。
ホームページ管理の種類は、サイト内のテキスト変更、ページの更新、画像の加工やバナー制作、新規ページ制作など実に様々です。
それらの作業の適正価格を知る指標として、時給換算してみるというのが一つの考えです。
専門の技術者にこれらの作業を依託すると考えると、自ずと適正価格が分かってくる気がします。
簡単なテキスト修正などの適正価格は1,000円前後と言われています。
では何が問題なのか。
特殊な管理システムなどを使用している場合はシステム料がかかりますが、本来ホームページの運用にかかる費用は「サーバー代」「ドメイン代」のみです。
月々特に更新もせず、ホームページの管理・運用費用として数万円お支払いではないでしょうか。
転ばぬ先の杖という言葉がありますが、何もせずにお金を払っているよりは月額費用を下げてスポット対応して貰う方が賢明といえます。
管理内容の個々にきちんと価格が設定されていて、月額をバラす事は可能でしょうか。
本来、作成後のホームページの版権はクライアントにありますので、運用を別会社に頼んでしまうのも解決策と言えます。
月額の内訳に関しては先述の「SEOの丸投げは危険」も参考にしてみてください。
Posted by Fujita

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...