GoogleMapで任意の場所にマーカーを置く


企業やショップの所在地をウェブサイトに載せる際、GoogleMapは欠かせない存在です。
クリックしてGoogleMapの大元にジャンプすると、自由にズームし隣接にはどんな目印があるか、ストリートビューに変えるとビルの外観なども見ることが可能です。
しかし、GoogleMapも万能というわけではありません。
皆さんは、住所を叩いてマーカーが表示された場所が隣の建物だった…
ブロックにマーカーが表示され、だいたいの場所は分かるがピンポイントでどの建物なのか分からなかった…という経験はないでしょうか。
企業であれば、アクセスマップが曖昧なら来訪者に優しくありませんし、お店や病院・サービスを提供するような場所であれば、せっかくの利用者を逃してしまうかもしれません。
地図を載せる時に、GoogleMapでピンポイントで場所を示す方法を記します。
弊社の御影営業所(神戸市東灘区御影本町2-16-4)をGoogleMapで検索するとこうなります。

正しくは赤い矢印、「御影ビル」と書かれている建物が御影営業所です。
点線で囲まれたあたりであることは間違いないのですが、お客様がいらっしゃってもここは公園予定地なのでもう少しピンをずらしたいところ。
これは、マーカーをたてたい場所の「経度,緯度」を調べることで解決できます。
経度と緯度を調べるツールを公開しているページがいくつかありますので検索してみてください。
そして、GoogleMapの検索窓に「経度,緯度(検索結果名)」と半角コンマで区切って入力し、検索するだけです。
カッコを付けると場所の名前やコメントを表示させることも出来ます。

あとは従来と同じ、地図の左横にあるチェーンのマークからリンクタグを取得し、貼り付けるだけです。
Posted by Fujita

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...