タブレット端末に最適化するにはどのようなサイト構築をすれば良いのか。
そのガイドラインがGoogleより、公開されました。
どんどんとスマートフォン用のサイトが出来ているなか、タブレット端末にはどのような対策をとれば良いでしょうか。
パソコンより画面が小さく、スマートフォンよりは画面の大きなタブレット端末
それぞれの規格にあわせたサイト構築が必要でしょうか。
【レスポンシブ・デザインの利用】
パソコン、スマートフォン、そしてタブレットと、それぞれのデバイスにあわせたウェブページを表示させるには、
別々のhtmlファイルを読み込ませる必要があります。
しかし、別々のhtmlファイルを制作するとなると、ウェブ制作会社に依託しても相応の金額がかかります。
レスポンシブデザインを利用すると、同じhtmlを読み込んでもcssはそれぞれのデバイスにあわせたものを自動で読み込んでくれるため、手間をかけずに(ついでに、お金や時間の節約にも…)、様々な端末に最適化したページを表示することが出来ます。
詳しくはレシポンシブデザインのブログをご覧下さい。
【デバイスに応じたコンテンツ制作】
スマートフォンでPC用サイトを閲覧した際、ページの上部に「スマートフォンの方はこちらをタップ」のバナーや、
ページ下部に「PCサイト切替」「スマートフォンサイト切替」などのリンクを見た事があるかもしれません。
それは、スマートフォンで閲覧した時のみ表示され、PCでPC用ページを閲覧しても「スマートフォン用ページは…」という切替は表示されません。
それぞれの端末に最適化されたページを望む場合もありますし、
「昨日パソコンで見ていたあのページが今、もう一度見たい!」と思い、異なったデバイスからアクセスする場合もあります。
デバイスに最適化したページは確かに見やすく、操作しやすい利点もありますが、
ユーザーの希望に応じたページを自由に表示出来ることが最も理想的であるとGoogleガイドラインで紹介されています。
参考サイト:【Google公式】タブレット向けサイトの推奨ガイドライン
http://www.suzukikenichi.com/blog/guildelines-for-tablets/
Posted by Fujita

Related Posts

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

ここ数年SDGs(エス・ディー・ジーズ)が盛んに取り上げられていますが、SDGsの取り組みによって優秀な人材獲得を目指しましょう。 SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGsは国連が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示した2016年から2030年までの国際的な持続可能な開発目標です。 アルファベットそのままに読むとエス・ディー・ジー・エスになりますが、Sustainable Development Goalsの略であり最後はジーエスでなくジーズと呼ぶのが正しいです。...

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者の方は最大30万円の一時支援金が受けられる可能性があるのでご紹介です。 原油価格や原材料価格高騰等への対策として、売上の減少した中小法人・個人事業主等の事業継続を支援するため最大30万円の兵庫県中小企業等原油価格・物価高騰対策一時支援金が受給可能です。 返還義務はありませんが、要件に該当しない、不正受給などはもちろん返還対象となるのでお気をつけ下さい。 対象 ①次の「ア」または「イ」を満たすこと ア 国の事業復活支援金を受給していること (対象月:令和3年11月分から令和4年3月分までのいずれかの月)...