タブレット端末に最適化するにはどのようなサイト構築をすれば良いのか。
そのガイドラインがGoogleより、公開されました。
どんどんとスマートフォン用のサイトが出来ているなか、タブレット端末にはどのような対策をとれば良いでしょうか。
パソコンより画面が小さく、スマートフォンよりは画面の大きなタブレット端末
それぞれの規格にあわせたサイト構築が必要でしょうか。
【レスポンシブ・デザインの利用】
パソコン、スマートフォン、そしてタブレットと、それぞれのデバイスにあわせたウェブページを表示させるには、
別々のhtmlファイルを読み込ませる必要があります。
しかし、別々のhtmlファイルを制作するとなると、ウェブ制作会社に依託しても相応の金額がかかります。
レスポンシブデザインを利用すると、同じhtmlを読み込んでもcssはそれぞれのデバイスにあわせたものを自動で読み込んでくれるため、手間をかけずに(ついでに、お金や時間の節約にも…)、様々な端末に最適化したページを表示することが出来ます。
詳しくはレシポンシブデザインのブログをご覧下さい。
【デバイスに応じたコンテンツ制作】
スマートフォンでPC用サイトを閲覧した際、ページの上部に「スマートフォンの方はこちらをタップ」のバナーや、
ページ下部に「PCサイト切替」「スマートフォンサイト切替」などのリンクを見た事があるかもしれません。
それは、スマートフォンで閲覧した時のみ表示され、PCでPC用ページを閲覧しても「スマートフォン用ページは…」という切替は表示されません。
それぞれの端末に最適化されたページを望む場合もありますし、
「昨日パソコンで見ていたあのページが今、もう一度見たい!」と思い、異なったデバイスからアクセスする場合もあります。
デバイスに最適化したページは確かに見やすく、操作しやすい利点もありますが、
ユーザーの希望に応じたページを自由に表示出来ることが最も理想的であるとGoogleガイドラインで紹介されています。
参考サイト:【Google公式】タブレット向けサイトの推奨ガイドライン
http://www.suzukikenichi.com/blog/guildelines-for-tablets/
Posted by Fujita

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...