自営業のホームページ必要性


企業であればホームページがあるのは当たり前の時代。
自営業の場合はどうでしょうか。
「企業であれば一般の方でも検索してくれるだろうけれど…」
「新しく人を雇う予定もないし…」
「作ってみようかとも思うけれど、Facebookや無料のブログと違いを感じない」
このようにお考えの方もいるのではないでしょうか。
様々な業種や事業形態がありますが、「必要性があるのか」と問われれば、答えは「ある」の1択です。
独自ドメインのホームページを持つことは、信用性で大きく差がつきます。
ただホームページを持っているだけでは良いとはいえません。
何も変わらないページを所持するだけで制作料を払ったり、月々料金を払うのでは勿体ないと思いませんか。
あくまで、「何のためのホームページなのか」という目的をはっきりさせ、人の動きが見えるようなホームページを持つべきです。
営業をしているのであれば、お客様に直接いいにくいことや普段は話さないようなサービスについての補足をウェブに載せるもよし、
ウェブからのお問い合わせや申し込みが必要なものであればメールフォームやひな形を設置し、業務効率の向上を図ることもできます。
CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)を組み込んだホームページでは制作会社を通さず、特別な知識なしでページの更新をすることも可能です。
お客様の声や実績の更新、営業や活動の案内を定期的に更新し、SEOにも役立てましょう。
そして最後に、ホームページにどれだけの効果があるのか。提供している情報と、訪問者が知りたいことがマッチしているのかをきちんと計測しましょう。
ホームページを制作するのには例え制作会社に頼んでも、労力がかかります。
正しく運営するのにはもっと労力を費やすといっても間違いではないかもしれません。
しかし、目的に沿った持ち方、訪問者が知りたい情報を提供するホームページを持つことが業務改善、新規顧客獲得へつながると言えます。
Posted by Fujita

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...