コンテンツ量の増加でアクセス数が低下することはあるのか

2013年1月7日


一般的にウェブサイトのページ数は多ければ多いほど良いと言われています。
ページ内の様々なワードが検索に引っかかりPV数が増え、また、ウェブサイト内でのリンク(=内部リンク)の数が増えることから、SEOの面でも有効とされています。
ただし、場合によっては、どんどんとコンテンツ量を増やしているのにアクセスが落ち込む可能性もあります。
要因として、以下のようなものが考えられます。
1.ページ増加によるユーザビリティの低下
ページ数が増えすぎることで、読者が探している情報にたどり着けなくなる、見にくくなる等です。
記事を細分化させる場合は大項目と小項目に分ける、コラムやブログを更新する場合はカテゴリ分けをするなどして、見やすく分別することが大切です。
2.コンテンツ自体の品質の低下
更新すること、ページ数を増やすことばかりに囚われ、内容の薄いサイトになっていないでしょうか。
同じ内容を繰り返してしまったり、他のウェブサイトと内容がかぶってしまうと読者離れの原因につながるかもしれません。
3.検索エンジンからの評価ダウン
Googleの検索アルゴリズム、「パンダアップデート」に引っかかっている可能性も考えられます。
コンテンツ品質の低いサイトでは検索の順位自体が落ち込んでしまったり、ウェブサイトがインデックスされなくなることもあり、読者の流入がなくなってしまいます。
記事の内容が薄っぺらい、アフィリエイト等のバナー広告が目立つ、他サイトへの誘導リンクが多い場合は注意です。
コンテンツ数、ページ数を増やすことは重要ですが、アクセス解析を見て不審な点があれば出来るだけ早くコンテンツを見直してみてください。
そのジャンルや業界自体が下火で、アクセス数が落ちることももちろんあるでしょうが
コンテンツの見直し、サイトマップの見直しで有利に傾けることが出来るかもしれません。
Posted by Fujita

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...