コンテンツ量の増加でアクセス数が低下することはあるのか

2013年1月7日


一般的にウェブサイトのページ数は多ければ多いほど良いと言われています。
ページ内の様々なワードが検索に引っかかりPV数が増え、また、ウェブサイト内でのリンク(=内部リンク)の数が増えることから、SEOの面でも有効とされています。
ただし、場合によっては、どんどんとコンテンツ量を増やしているのにアクセスが落ち込む可能性もあります。
要因として、以下のようなものが考えられます。
1.ページ増加によるユーザビリティの低下
ページ数が増えすぎることで、読者が探している情報にたどり着けなくなる、見にくくなる等です。
記事を細分化させる場合は大項目と小項目に分ける、コラムやブログを更新する場合はカテゴリ分けをするなどして、見やすく分別することが大切です。
2.コンテンツ自体の品質の低下
更新すること、ページ数を増やすことばかりに囚われ、内容の薄いサイトになっていないでしょうか。
同じ内容を繰り返してしまったり、他のウェブサイトと内容がかぶってしまうと読者離れの原因につながるかもしれません。
3.検索エンジンからの評価ダウン
Googleの検索アルゴリズム、「パンダアップデート」に引っかかっている可能性も考えられます。
コンテンツ品質の低いサイトでは検索の順位自体が落ち込んでしまったり、ウェブサイトがインデックスされなくなることもあり、読者の流入がなくなってしまいます。
記事の内容が薄っぺらい、アフィリエイト等のバナー広告が目立つ、他サイトへの誘導リンクが多い場合は注意です。
コンテンツ数、ページ数を増やすことは重要ですが、アクセス解析を見て不審な点があれば出来るだけ早くコンテンツを見直してみてください。
そのジャンルや業界自体が下火で、アクセス数が落ちることももちろんあるでしょうが
コンテンツの見直し、サイトマップの見直しで有利に傾けることが出来るかもしれません。
Posted by Fujita

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。