ウェブサイトのセキュリティ


ウェブサイトは作ってからがスタートです。
新鮮な情報をどんどん発信することも大切なですが、もう一つ大切な事があるとすれば、それはウェブサイト自身のセキュリティ性を向上させることでしょう。
せっかく作ったウェブサイトがいきなり見られなくなってしまったり、ましてや顧客情報などが漏洩してしまっては大変です。
信用問題に大きく関わることですので、ウェブサイトを管理されている方には是非いま一度、セキュリティのチェックをお願いしたいと思います。
ウェブサイトのセキュリティを向上させるために出来ることはどんなことがあるでしょうか。
下記に4点挙げてみます。

  • パスワードのチェック

  • 社内で出来る、基本中の基本です。
    想定されにくいパスワードを設定することは勿論ですが、社外に持ち出すものにパスワードを書かない、他人から見えるところにパスワードを書かない、他のパスワードと同じものを設定しない等徹底しましょう。
    また、管理する人物やメンバーが変わったときにパスワードも変更する習慣を付けていたいものです。

  • 管理権限の分別

  • 弊社が作成するウェブサイトは通常、異なったIDとパスワードを用い異なった権限を以てログインすることが可能です。
    ウェブサイトの簡単な記事やお知らせの更新が出来る権限、ページの作成や編集等が出来る権限、全体のデザインやシステムまでもが全て触れてしまう権限と区別されています。
    もちろん、お客様のウェブサイトですのですべての管理権限をお渡しすることが可能ですが、こうすることで「誤って消してしまった!」を防ぐことが可能です。

  • バックアップの作成

  • 上記の続きになりますが、実は誤って消してしまった場合も弊社ではウェブサイトのアックアップをとっているので、ある程度の復元が可能です。
    データをいじる場合はバックアップを取る事も必ず癖付けておきたいです。

  • システムのアップグレード

  • 最近ではCMSを使ったウェブ構築が主流となっています。
    使用しているワードプレスやムーバブルタイプ等、また入れ込んでいるプラグインを常に最新のバージョンに保つこともセキュリティ面で大きな役割を果たします。
    ワードプレスなどは、1〜2年周期でバージョンアップが来ると言われており、バージョンアップと同時にウェブページに不具合が出てしまう例があります。
    ここまでくるとウェブ担当というよりは制作会社の役割が大きくなりそうです。
    だからこそ、システム変更時にきちんとアージョンアップ、動作確認を保障してくれる制作会社を選びたいものです。
    Posted by Fujita

    Related Posts

    第三者のプロ目線でホームページをチェック!

    第三者のプロ目線でホームページをチェック!

    今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...

    SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

    SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

    ここ数年SDGs(エス・ディー・ジーズ)が盛んに取り上げられていますが、SDGsの取り組みによって優秀な人材獲得を目指しましょう。 SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGsは国連が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示した2016年から2030年までの国際的な持続可能な開発目標です。 アルファベットそのままに読むとエス・ディー・ジー・エスになりますが、Sustainable Development Goalsの略であり最後はジーエスでなくジーズと呼ぶのが正しいです。...

    兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

    兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

    兵庫県内の事業者の方は最大30万円の一時支援金が受けられる可能性があるのでご紹介です。 原油価格や原材料価格高騰等への対策として、売上の減少した中小法人・個人事業主等の事業継続を支援するため最大30万円の兵庫県中小企業等原油価格・物価高騰対策一時支援金が受給可能です。 返還義務はありませんが、要件に該当しない、不正受給などはもちろん返還対象となるのでお気をつけ下さい。 対象 ①次の「ア」または「イ」を満たすこと ア 国の事業復活支援金を受給していること (対象月:令和3年11月分から令和4年3月分までのいずれかの月)...