Viper’s Video Quicktags

No Tags | Network / System · ウェブデザイン · ストラテジー · ブランディング · ブログ


WordPressでウェブサイトを構築した際、お知らせ更新や新規のページ制作でYouTubeの動画を載せることができます。
動画ファイルを載せる際、動画をそのままアップロードすることも可能ですが、YouTubeの動画を掲載するのことでウェブサーバーの容量などを気にしなくて良くなります。
YouTubeの動画を載せる方法は、YouTubeの共有タグをHTML形式でコピペするだけなので簡単ですが、この際、更新する権限には<iframe>のタグの使用を許可する必要があります。
<iframe>とは指定した箇所に別のウェブページを引っ張ってくること。
お知らせの更新など、最低限の更新権限のみを許可したい場合に、この<iframe>タグの使用を禁止したい場合もあるかと思います。
<iframe>タグの権限を許可したくないが、YouTubeの動画は自由に更新出来るようにしたい…。
この場合、Viper’s Video Quicktagsというプラグインをインストールすることで、<iframe>タグの使用が許可されていないアカウントでもYouTubeを掲載した更新が可能となります。
更新方法も明快で、YouTubeの載せたい動画ページのURLを貼付けてOKボタンを押すだけ。
HTMLの知識がなくても問題なく更新が出来、YouTubeページからわざわざ共有タグを探す手間も省けます。
製品やサービスを動画を使って説明している方や、動画そのものを制作されている方には、是非使用をおすすめしたいプラグインです。
Posted by Fujita