スマートフォンの普及が進む今、ユーザーの約7割がスマートフォンを用いて毎日何かを検索しています。
しかし、まだまだスマートフォン対応でないウェブサイトをお持ちの企業も多いのではないでしょうか。
スマートフォンに対応していないウェブサイトでは、パソコンで見るウェブサイトと同じものが表示されます。
そのため、表示される画面が小さくなったり、パソコン用の大量のデータを読みこみ表示するのに時間がかかったりというデメリットがあります。
そんな中GoMoとDudaMobileは、パソコン用のウェブサイトを簡単にスマートフォンに最適化できるツールの提供をはじめました。
使い方はすごく簡単で、howtogomo.com/jp/getstartedにアクセス、ウェブサイトのURLを入力しデザインをテンプレートから選んでカスタマイズするだけです。
この最適化を行えば、スマートフォンユーザーにとって必要な機能を、使いやすいナビゲーションで提供できるようになります。
実に6割もの企業が、スマートフォン対応にして効果があったと答えたデータも残っています。
本来、上記は有料のサービスですが、1年間は無料で使用できるようです。
試験的にでもスマートフォン最適化を行い、反応をみてみるのはいかがでしょうか。
参考:GoMo と DudaMobile が提供するツールで、わずか数分で PC サイトをスマートフォンに最適化!
Posted by Fujita

Related Posts

雇用調整助成金について(2021年7月8日)

先日、厚生労働省から9月末まで延長することが発表されました。 内容などは、特に変更は内容です。 10月以降に関しては、8月中に発表されるようです。 詳細リンク...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...