サーバー変更時のDNSにかんする注意点

2012年12月16日

ホームページのリニューアルや管理会社を変更する際にドメイン(wasabi3.com等)はそのままだけどサーバーを変更するということがあります。サイトを閲覧している人や更新担当の人にとっては特にサーバーが変更になっても変わりありませんが、システム担当やサイトオーナーにとっては注意する点があるのでご紹介します。

IPアドレス・ドメイン・DNS

ホームページを閲覧するには検索画面でキーワード検索するか直接ドメイン(wasabi3.com等)を打ち込む必要がありますが、このドメインのwasabi3.comが直接ホームページに結びついているわけではありません。コンピューターは「123.124.125.191」のように,3桁の数字を4個で区切ったIPアドレスと呼ばれるもので情報を判断しており、人間にとって分かりやすいようにこのIPアドレスとドメインを結びつけるものがDNSと呼ばれるものです。サーバーを変更しドメインを引き継ぐ際はこのIPアドレスの変更を記述しなければいけません。また、旧サーバーのコンテンツ、メールアカウントを新サーバーに設定する必要があります。

参考:メールサーバー移管

新旧サーバー並行管理

これらの設定変更が完了したらDNSの変更を行うわけですが、変更後すぐに新しいサーバーのIPアドレスを辿ってホームページが見れるようになるわけではありません。世界中のDNSサーバーに変更情報が行き渡るには時間がかかり、またブラウザなどでキャッシュ(一時保存されたファイルやデータ。残しておくことで表示速度が上がり接続無く閲覧することなどができる)されていることがあるため一定期間は旧サーバーと新サーバーで並行して管理する必要があります。サーバー変更したので旧サーバーを即解約などしてしまうとホームページが見れなくなるという事態にも陥るためサイトオーナーは注意しましょう。

TTL設定

何もしなくても1、2週間すれば変更情報が浸透し全て新しいサーバーでホームページを読み込むことができるのですがDNSのTTL値を短くすること(300秒等)でより早く対応することができます。TTL(Time To Live)とはDNSでキャッシュを保持する時間のことです。例えば300だと300秒たったら新しく情報を取得しに行きその後300秒間はその情報を元に表示させます。このTTLが長ければ長いほど古い情報を使いまわす時間が長くなり、短ければより新鮮な情報を使えることになります。これだけだとTTLが長い方が悪いように思いますがメリットもあります。TTLを長くすることでアクセスごとに無駄な通信を発生させることがなくキャッシュされた情報を提示すればよいので表示などのパフォーマンスがよくなります。通常は少し長めに設定しておき、サーバー変更時にはより早く情報を更新、浸透させる為にTTLを短めに、そして2、3日新旧サーバーで並行管理したあと旧サーバーの解約などの検討をすると安心です。

Posted by Nakagawa

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。