SEO対策とブラック企業

2012年12月11日

前回、参考:seo対策のリース契約は危険でもご紹介しましたが、検索結果のより上位に表示させアクセス数を増やそうとするSEO対策はホームページにとって重要で、かつ技術的要素も絡むため多数のサイトオーナーは結果の良し悪し(検索結果で上位に出るか出ないか)だけで判断してしまいその過程(どういった手段で対策を施したのか)とその後(支払や運営)に対しては軽視してしまいがちです。Googleが推奨する方法でのSEO対策を行い、継続的に誠実な対応をしてくれる企業であったら「リース」という方法論の良し悪しは別にして問題は無いのですが、世の中にはまだ色々とブラックと呼ばれる企業もいるようです。

参考:効果ゼロ、違約金を無心…悪徳SEO業者を告発するでは「ブラック企業アナリスト」として、テレビ番組『さんまのホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などでも知られている新田龍氏が被害事例を紹介していますが、SEO対策被害の問題点としては大きく二点あります。

一つはサイトオーナーとSEO業者との関係性。二つ目は不正な対策を施されたサイトとグーグルとの関係性です。前者は被害事例でも挙げられていますがリース契約などを通していた場合より難しいものとなります。後者の不正な対策を施されたサイトの問題ですが上位表示という結果を出すことができないばかりかその後表示順位が対策前よりも大幅に下落してしまったり最悪検索結果に表示されないということも起こりえます。そして一度そういう事態に陥ると元に戻すのはより難しいということです。

一時期より少なくなりましたが外部リンクがSEOに対してとても有効だとされていた際一気に数千、数万というリンクをサイトに張るサービスなどもありました。それで一時的に上位に表示されていたのですが、昨今のグーグルのシステム改変(ペンギンアップデート、パンダアップデート等)によりスパム(不正)な要素があるサイトや内容の薄いサイトは大幅に順位が下落していってしまってます。更なる問題としては数千のリンクを張るのは直ぐにできても不正と見なされたリンクを全て外していくことはかなり難しいということとブラックと呼ばれる業者は取り合わなかったり別途対応、もしくは会社自体が無くなり連絡先が分からない場合もあります。

今回SEO対策に対する負の側面を大きく取り上げましたが全てがマイナスというわけではありません。被害事例や事情を知った上で自分達にあったSEO対策を見つけていくことが大切です。

Posted by Nakagawa

Related Posts

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

ここ数年SDGs(エス・ディー・ジーズ)が盛んに取り上げられていますが、SDGsの取り組みによって優秀な人材獲得を目指しましょう。 SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGsは国連が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示した2016年から2030年までの国際的な持続可能な開発目標です。 アルファベットそのままに読むとエス・ディー・ジー・エスになりますが、Sustainable Development Goalsの略であり最後はジーエスでなくジーズと呼ぶのが正しいです。...

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者の方は最大30万円の一時支援金が受けられる可能性があるのでご紹介です。 原油価格や原材料価格高騰等への対策として、売上の減少した中小法人・個人事業主等の事業継続を支援するため最大30万円の兵庫県中小企業等原油価格・物価高騰対策一時支援金が受給可能です。 返還義務はありませんが、要件に該当しない、不正受給などはもちろん返還対象となるのでお気をつけ下さい。 対象 ①次の「ア」または「イ」を満たすこと ア 国の事業復活支援金を受給していること (対象月:令和3年11月分から令和4年3月分までのいずれかの月)...