SEO対策とブラック企業

2012年12月11日

前回、参考:seo対策のリース契約は危険でもご紹介しましたが、検索結果のより上位に表示させアクセス数を増やそうとするSEO対策はホームページにとって重要で、かつ技術的要素も絡むため多数のサイトオーナーは結果の良し悪し(検索結果で上位に出るか出ないか)だけで判断してしまいその過程(どういった手段で対策を施したのか)とその後(支払や運営)に対しては軽視してしまいがちです。Googleが推奨する方法でのSEO対策を行い、継続的に誠実な対応をしてくれる企業であったら「リース」という方法論の良し悪しは別にして問題は無いのですが、世の中にはまだ色々とブラックと呼ばれる企業もいるようです。

参考:効果ゼロ、違約金を無心…悪徳SEO業者を告発するでは「ブラック企業アナリスト」として、テレビ番組『さんまのホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などでも知られている新田龍氏が被害事例を紹介していますが、SEO対策被害の問題点としては大きく二点あります。

一つはサイトオーナーとSEO業者との関係性。二つ目は不正な対策を施されたサイトとグーグルとの関係性です。前者は被害事例でも挙げられていますがリース契約などを通していた場合より難しいものとなります。後者の不正な対策を施されたサイトの問題ですが上位表示という結果を出すことができないばかりかその後表示順位が対策前よりも大幅に下落してしまったり最悪検索結果に表示されないということも起こりえます。そして一度そういう事態に陥ると元に戻すのはより難しいということです。

一時期より少なくなりましたが外部リンクがSEOに対してとても有効だとされていた際一気に数千、数万というリンクをサイトに張るサービスなどもありました。それで一時的に上位に表示されていたのですが、昨今のグーグルのシステム改変(ペンギンアップデート、パンダアップデート等)によりスパム(不正)な要素があるサイトや内容の薄いサイトは大幅に順位が下落していってしまってます。更なる問題としては数千のリンクを張るのは直ぐにできても不正と見なされたリンクを全て外していくことはかなり難しいということとブラックと呼ばれる業者は取り合わなかったり別途対応、もしくは会社自体が無くなり連絡先が分からない場合もあります。

今回SEO対策に対する負の側面を大きく取り上げましたが全てがマイナスというわけではありません。被害事例や事情を知った上で自分達にあったSEO対策を見つけていくことが大切です。

Posted by Nakagawa

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...