最近話題になっているレスポンシブデザインご存じでしょうか?
レスポンス(反応、応答)・・・、レスポンシブデザイン・・・資料請求や問い合わせなどの反応がとれるデザイン!とお考えになる方も多くいる(そうでもない?)と思いますが、正解は最近主流になりつつあるPC以外のデバイス、iPadなどのタブレット端末、スマートフォンなど表示画面がPCよりも小さくても自動的にブラウザサイズに合わせてサイト表示を最適化するウェブデザインのことです。

スマートフォンで従来のPCサイトが閲覧できる為PCを持たずにスマートフォンだけという若者も多くなっていますがスマートフォンでPCサイトを見るには若干見ずらい点があります。通常多くはスマートフォンのブラウザに合わせたデザインでないため見たい部分の表示を拡大したりスクロールさせたり、標準では小さすぎるため拡大してからメニューボタンを押したりと中々手間やストレスもかかります。その為スマートフォンからの流入が多い場合はPCサイトとは別にスマートフォン用の専用サイトを作りユーザービリティ(使い勝手)に配慮したサイトも増えてきています。問題点としてはスマートフォン専用の設計で1からサイトを作らないといけない為、コストや期間が同じだけかかってしまいます。そんな時に便利なのがレスポンシブデザインです。

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインは、米国のデザイナー、イーサン・マルコッテ(Ethan Marcotte)氏が2010年5月に技術系のブログ『A List Apart(ア・リスト・アパート)』に投稿した記事で発表されました。
参考:Responsive Web Design
考えの基本としてはデバイス毎にサイトを提供するのではなくスクリーンサイズ(画面幅)を元にCSSの部分を切り替えてレイアウトを調整し共通のHTMLの記述でサイト提供するということです。レスポンシブデザインを導入するメリットとしてはサイト制作コストや制作期間、制作後のサイト更新の手間、アクセス解析時にデータ分散しないなどがあります。ただこれらのメリットはユーザーサイドではなく制作サイドのメリットなので必ずしもレスポンシブデザインが万能に優れているというわけではありません。現状と今後の展望やターゲットなどを踏まえて検討する必要があります。

Posted by Nakagawa

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。