最近話題になっているレスポンシブデザインご存じでしょうか?
レスポンス(反応、応答)・・・、レスポンシブデザイン・・・資料請求や問い合わせなどの反応がとれるデザイン!とお考えになる方も多くいる(そうでもない?)と思いますが、正解は最近主流になりつつあるPC以外のデバイス、iPadなどのタブレット端末、スマートフォンなど表示画面がPCよりも小さくても自動的にブラウザサイズに合わせてサイト表示を最適化するウェブデザインのことです。

スマートフォンで従来のPCサイトが閲覧できる為PCを持たずにスマートフォンだけという若者も多くなっていますがスマートフォンでPCサイトを見るには若干見ずらい点があります。通常多くはスマートフォンのブラウザに合わせたデザインでないため見たい部分の表示を拡大したりスクロールさせたり、標準では小さすぎるため拡大してからメニューボタンを押したりと中々手間やストレスもかかります。その為スマートフォンからの流入が多い場合はPCサイトとは別にスマートフォン用の専用サイトを作りユーザービリティ(使い勝手)に配慮したサイトも増えてきています。問題点としてはスマートフォン専用の設計で1からサイトを作らないといけない為、コストや期間が同じだけかかってしまいます。そんな時に便利なのがレスポンシブデザインです。

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインは、米国のデザイナー、イーサン・マルコッテ(Ethan Marcotte)氏が2010年5月に技術系のブログ『A List Apart(ア・リスト・アパート)』に投稿した記事で発表されました。
参考:Responsive Web Design
考えの基本としてはデバイス毎にサイトを提供するのではなくスクリーンサイズ(画面幅)を元にCSSの部分を切り替えてレイアウトを調整し共通のHTMLの記述でサイト提供するということです。レスポンシブデザインを導入するメリットとしてはサイト制作コストや制作期間、制作後のサイト更新の手間、アクセス解析時にデータ分散しないなどがあります。ただこれらのメリットはユーザーサイドではなく制作サイドのメリットなので必ずしもレスポンシブデザインが万能に優れているというわけではありません。現状と今後の展望やターゲットなどを踏まえて検討する必要があります。

Posted by Nakagawa

Related Posts

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

ここ数年SDGs(エス・ディー・ジーズ)が盛んに取り上げられていますが、SDGsの取り組みによって優秀な人材獲得を目指しましょう。 SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGsは国連が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示した2016年から2030年までの国際的な持続可能な開発目標です。 アルファベットそのままに読むとエス・ディー・ジー・エスになりますが、Sustainable Development Goalsの略であり最後はジーエスでなくジーズと呼ぶのが正しいです。...

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者の方は最大30万円の一時支援金が受けられる可能性があるのでご紹介です。 原油価格や原材料価格高騰等への対策として、売上の減少した中小法人・個人事業主等の事業継続を支援するため最大30万円の兵庫県中小企業等原油価格・物価高騰対策一時支援金が受給可能です。 返還義務はありませんが、要件に該当しない、不正受給などはもちろん返還対象となるのでお気をつけ下さい。 対象 ①次の「ア」または「イ」を満たすこと ア 国の事業復活支援金を受給していること (対象月:令和3年11月分から令和4年3月分までのいずれかの月)...