AmazonPages提供開始


先月、Amazonは企業向けにAmazonPagesの提供を開始しました。
これはAmazonに出店している企業であれば無料で利用することが可能で、Amazonの環境の中で、よりオリジナリティのある独自サイトを持てるというもの。
URLもhttp://www.amazon.com/●●●という、独自のものを設定可能です。
また、Analyticsの機能も備わっており、売り上げや広告の効果の分析や管理も行えます。
FacebookやTwitterに飛ぶソーシャルボタンを設置出来たり、商品のリンクを貼れるウィジェットなども用意されており、今後も様々な機能が増えることが期待されます。
現在、制作には3つのテンプレートが用意されているようです。
今までAmazonは掲載出来る画像が少なかったり、ページのデザインが統一されていることで「価格勝負」の面がありました。
今後はAmazonPagesを利用し、商品及びショップの独自性のアピールが出来るため、「価格勝負」で負けていた店舗にも先の見通しがあるかもしれません。
参考:Amazon、企業向けにAmazon Pagesを提供開始―独自URL、ソーシャルメディアマーケティングも可能に
Posted by Fujita

Related Posts

スラック(slack)のバックアップは取れる?

スラック(slack)のバックアップは取れる?

先日スラック(slack)の仕様が変更されるとお伝えしましたが、できれば費用をかけずに無料で使い続けたいという方もいるかと思います。とりあえずは90日分は閲覧できるのでバックアップをとっておいて、タイミングの時に有料化するのも方法かもしれません。 それではスラック(slack)でバックアップをとることはできるのでしょうか。 結論としては不可能ではないが、難しいケースが多いという形です。 スラック(slack)の仕様変更に注意 無料の履歴は90日まで プランによりエクスポート可能なデータは異なる...

至急BitLocker回復バックアップキーの取得を。Windows11で不具合発生中!?

至急BitLocker回復バックアップキーの取得を。Windows11で不具合発生中!?

Windows11のパソコンを使用されている方は要注意です。 Windows向けの更新プログラム「KB5012170」で現在問題が発生しており、最悪パソコンがロックされて初期化以外復旧ができなくなってしまうことがあるので事前の対策を取りましょう。 手動更新している場合はしばらく更新しないことをおススメします。 症状 BitLocker回復キーを求められる 普段と同じようにパソコンを使い、パソコンをシャットダウンし、翌日立ち上げると英語だらけの画面に。よくわからないので取り合えずOKやキャンセルを押すと、...

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...