スライダーはコンバージョンに貢献するのか


最近色々なサイトでスライダーが使われているのを目にします。
スライダーとは、複数の画像を順番にスライドして表示する仕組みのこと。
この限られたスペースで多くのメッセージを発信できるスライダー
人間は動くものは無意識に見てしまうのですが、その反面、スライダーコンバージョンに貢献しないという考えもあります。
その理由は下記の通りです。

  • スライダーの情報量が過剰である上に画面が動いているため、要点がつかみにくい。
  • データ量が多くなり、ページの表示速度が落ちる。
  • 自分で見たい画像が見られないスライダーはユーザーにとってストレスになる。

スライドする画像は、ビジュアル的にも内容的にも統一されたものを用いないと、見る側にとっては要点が分からなくなってしまいます。
またその表示速度が早くスライドの速度に目が追いつかない場合、ユーザーは完全に要点を見失ってしまいます。
「動いて格好いいから」「目立つから」「沢山の画像をスライド出来るから」と闇雲に画像を載せてしまってはユーザーのストレスになり逆効果にもなり得るという事です。
弊社でもスライダーは使用しますが、テストをした上で意図した経路を通る場合にのみ設置しています。
スライダーの表示速度を遅くしたり、ユーザーが見たい画像を選んで表示させられるもの、
また、スライドさせる画像にはリンクを貼ると同時に、クリックを誘発する要素を組み込むよう意識しています。
Posted by Fujita

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。