ペンギン・パンダアップデートに引っかかったサイトは?

2012年11月17日


Googleの「ペンギンアップデート」「パンダアップデート」によるアルゴリズム変更で影響を受けたサイトにはどのようなものがあるのでしょうか。
また、自身のウェブサイトが影響を受けているのかは非常に気になるところだと思います。
ペンギン・パンダップデートの影響を受けているかを調べるのに一役買ってくれる「Panguin」というツールがあります。
Panguin http://www.panguintool.com/
前提として、GoogleAnalyticsコードをウェブサイトに埋め込んでおく必要があります。
上記はAnalyticsによる、自身のサイトのアクセス数に加え、ペンギン・パンダアップデートが施された日時をチェックすることができます。
ペンギン・パンダップデート実施後、一定にあったアクセス数が急に稼げなくなったなら…と、指標とすることのできるツールです。
ペンギン・パンダップデートはそもそも、質の低いサイトや閲覧者にとって有益でないサイトを除外する目的で作られたものです。
よくよく考えてみると、ウェブ上には、全く同じ文章が掲載されているようなサイトも数多く存在するんですよね。
その代表がメーカー等から卸売りしているような通販サイトです。
商品説明を、メーカーサイトから引っ張って転載しているサイトが多く見受けられますが、やはりこういった通販サイトもGoogleのアップデートに引っかかってしまったようです。
では、実際にアップデートに引っかかってしまった場合にどのような対処をすれば良いのでしょうか。
【ページにバリエーションを作り、似たようなページを減らす】
商品など、似たような情報が何ページも続く場合は、バリエーションやサイズを選べるようにし、
似たページ(=質の低いページ)が多くならないようにします。
【利益を得ないページは削除する】
売り上げや反応の無いページは思い切って削除するのも方法です。必要のないページを精査し、需要のあるページだけを残します。
これは通販サイトの商品ページだけでなく、すべてのウェブサイトに共通します。
反応やアクセスのない需要の低いページを残すより、問い合わせや関心の高いコンテンツを強化し、より専門性を深めることが重要になってきます。
ページ制作においてどうしても表記がかぶってしまうこともありますが、お客様の声やレビューを掲載するなどページの独自性を高め
より閲覧者に有益な情報を発信することで、ペンギン・パンダアップデートから逃れる事が出来るでしょう。
Posted by Fujita

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...