Google と相性の良いサイト

google
ホームページを作成、公開するといよいよインターネットの世界で閲覧可能となります。ホームページに到達する道のりとしては、URLを直接入力することやリンクをたどってくることなどももありますが、一番ポピュラーなのが検索エンジンを経由することです。
検索エンジンは該当のページをデータベースに登録することで目的のキーワードで表示されるようになりますが、このデータベースへの登録をインデックスといいます。
検索エンジンの代表格にGoogleがありますが、そこにもやはりインデックスされやすいものとそうでないものがあり、ホームページを公開するにはその基準を知っておくことが大切です。
そのポイントとしては

  • ■ユーザーが探している情報を提供する
  • ■他のサイトからリンクが貼られるようにする
  • ■サイトを簡単にアクセスできるようにする
  • ■避けていただきたいこと

の4点がありますが、順を追って詳細を読み解いていきます。
まず「ユーザーが探している情報を提供する」について。
一言でいうと質の高いコンテンツ、サイトの内容と合致した情報を公開しているかということです。ユーザーにとって有用な情報が含まれているページはサイトの人気が上昇し、ほかのサイトからのリンクもされやすくなります。大切なのはそれぞれのページでトピックをわかりやすく正確に記述すること。ページを検索するときにどのような言葉を入力するかを考慮し、その言葉を使用します。
次に「他のサイトからリンクが貼られるようにする」
他のサイトからのリンクがあるとクローラーがサイトを見つけやすくなり、それだけ検索結果に表示されやすくなります。リンクの存在を検索に重要かつ関連性のあるページとしていますが、例えばあるページA(リンク元)が別ページB(リンク先)にリンクを設定した場合、リンク元Aからリンク先Bに「重要度の投票」があったものと認識され、それを受け取ったページBはより重要なサイトとして判断されます。
ここで留意しておきたいのが「自然なリンク」と「不自然なリンク」です。「自然なリンク」はユーザーが便利、あるいは価値があると判断されたウェブサイトについて増えていくもので、「不自然なリンク」はページの人気を見せかけるために作られたものです.。Googleのウェブマスターツールにおける「品質に関するガイドライン」の基本方針でも、「検索エンジンではなくユーザーの利便性」や「検索エンジンのランキングを上げるための不正行為をしない」といったことがあげられており、「不自然なリンク」の設定は厳しくチェックされます。
では「サイトを簡単にアクセスできるようにする」とはいったいどういうことでしょうか。

サイトを論理的なリンク構成で作成します。各ページには、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにします。

とありますが、これだけではまだ見えてきません。さらに読み進めると、

JavaScript、Cookie、セッション ID、フレーム、DHTML、Macromedia Flash などの機能が使われていると、テキスト ブラウザではサイト全体が表示されません。

とあります。これは言い換えるとアクセシビリティ、構成が整理されたHTMLであるかどうかといった点です。
最後に「避けていただきたいこと」
過剰なキーワードといった不正なクローキングやユーザー向けでないページやリンク、テキスト(隠しリンクや隠しテキストなど)は絶対に避けてください。Googleにより不正と判断され、インデックスされないことがあります。
これは意外と盲点かもしれませんが、重要な名前やコンテンツ、リンクに画像を使用しないことも大切です。Googleのクローラーは画像内のテキスト情報は認識できないからです。そのため、画像を使用する場合はALT属性を使用します。
【参考】
Googleと相性の良いサイト
Googleウェブマスターツール
posted by fujii

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...