複数サイトを運営する場合の注意点

2012年10月8日


スパム行為や、故意に検索結果を上げようとするサイトを排除するペンギンアップデート、
より質の良い検索結果にするためクオリティの高いサイトを評価するパンダアップデートの実施とGoogleのアルゴリズムが変更されました。
普段は外部のブログでコラムを更新している方、事業ごとに専門サイトをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
複数のサイトを運営する場合、SEOで注意しなければならない点があります。
悪意がなくても以下の点に気をつけていなければ、ある日突然検索結果にインデックスされなくなってしまうかもしれません。
メインのサイトを一つ持ち、それ以外にも複数の小さなサイトを作り、そこに来たお客さんをメインサイトに誘導する目的でリンクを貼る。
これらは誘導ページとみなされ、インデックスから外される可能性があります。
複数サイトをお持ちの場合それぞれのサイトに専門性を持たせ、そのサイト独自のコンテンツを充実させる必要があります。
その他のサイトと内容がかぶらないようにする、内容の薄いコンテンツは削除するか、ページをまとめるのが無難です。
ブログなど別サイトで書いた文章を、メインサイトに掲載するのはどうでしょうか。
Googleでは無断複製されたコンテンツは有益でないと見なしてしまいます。
「無断複製」だけに、多くの場合は他人のサイトからの「パクリ」を意味するのですが
果たして、検索エンジンに書き手の判別は出来るのでしょうか。
自分自身が書いた文章であれど、まるまるコピーする場合は必ず引用と記述し、引用元のリンクを貼ってください。
引用文には<BLOCKQUOTE>タグを用いると検索エンジンからの評価が低くなり、引用文としてきちんと認識されることとなります。
手を加えられるものならば、再編集し加筆するなど付加価値をつける方が良いでしょう。
違うサイトからの引用は、サイト名・著者名を表記し、コメントやメールで出来るだけ引用した旨を伝えましょう。
制約が多そうな感じがしますが、やはり、「読者にとって有益なページ」が重要、
独自性のあるコンテンツであれば複数サイトを所持されていても問題はないという事です。
参考:
Google ウェブマスター向け公式ブログ複数のサイトを運営する皆さまへ
Google ウェブマスターツールヘルプ無断複製されたコンテンツ
Posted by Fujita

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。